これやり過ぎ!GRパーツを装着したフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヤリス」が特別展示!しかも1.5リッター6速MTの過激変態仕様だ

~いよいよ新型「ヤリス」が店頭でも展示開始!~

いよいよ各ディーラにおいても店頭発表が行われているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ヤリス(Toyota Yaris)」ですが、群馬県のGR Garage Netz群馬 G’SPiCE店さんでは、過激なGRパーツを装着した新型「ヤリス」を展示しているそうです。

ちなみに展示されているグレードは、ガソリンタイプで上位グレードとなる”Z”で、駆動方式は前輪駆動(FF)、そしてトランスミッションは6速MTを搭載したゴリゴリのスポーツ仕様となります。
展示車両ということもあり、車両本体価格やメーカーオプション、ディーラーオプション(GRパーツ含む)含めると2,280,860円という価格帯となっていますが、おそらく即納対応可能でしょうし、GRパーツ装着モデルを検討している!という方にはオススメの一台かもしれません。

スポンサーリンク

~GRパーツも行き過ぎたデザインを当たり前のように採用してきている~

ちなみに今回展示されている個体を見ていくと、GRフロントスポイラーやGRサイドスカート、GRリヤサイドスポイラー、GRフロントバンパーガーニッシュ、GRサイドデカール、GRエアロタービュレーターといったエアロパーツがフル装備されており、その表情はまさに強烈。

スタンダードモデルの「ヤリス」もかなり攻めたデザインなのですが、まさかGRパーツでここまで過激になるとは想像もしておらず、以前に公開されたイメージデザインよりも更にアグレッシブなのではないかと思いますね。

こちらはリヤデザイン。
ボディカラーはシンプルなホワイトパール系だと思いますが、個人的に残念と感じたのは、ガソリンの上位グレードでありながら、おまけにGRパーツを装着しているにも関わらず、足元のホイールがアルミタイプではなくドノーマルの樹脂ホイールキャップ付きとなる鉄チンホイールであること。

せめてGRパーツ一覧にもあるような、16インチ鍛造アルミホイールを装着してほしかったところですし、ホイールだけで275,000円は結構な金額だとは思いますが、それぐらい思い切ったことをしても良かったのでは?と思うのが正直なところですね。

~インテリアは控え目ながらも、アナログな手引き式サイドブレーキ採用で味のある雰囲気に~

ちなみにインテリアは非常にシンプル。
主にGRパーツは外観のみとなり、インテリアはシンプルなディーラーオプションのみ。
センターコンソールを見ていくと、手引き式のサイドブレーキが搭載され、その奥には6速MTのシフトノブが設けられています。

サイドブレーキについては、「なぜ電動パーキングブレーキにしなかったのか?」といった意見も多いそうですが、ラリーモデルを意識した個体ということであれば、そのコンセプトに見合った一台だと思いますし、何やかんや「ヤリス」の仕様やデザインを求めていたファンも多かったのではないかと思います(電動パーキングブレーキを求めているのであれば、それを搭載しているモデルを検討すれば良いだけ)。

☆★☆新型「ヤリス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう