見れば見る程カッコいい…トヨタ新型「アルファード」顔に移植したオラオラ顔の三菱「パジェロ・スポーツ」を夕日の下で撮影してみた【動画有】

~「アルファード」顔に進化した「パジェロ・スポーツ」はかなり評判が高いようだ~

さて、以前大きな反響を呼んだ海外のインスタグラマー・@vickersson氏の、トヨタ新型「アルファード(Toyota ALPHARD)」風フロントフェイスを移植した三菱「パジェロ・スポーツ(Mitsubishi Pajero Sport)」ですが、ここから更にもう少しカスタムを加えていくということで、夕日の下でのコラボショットも含めてご紹介。

以前の記事でもお伝えした通り、@vickersson氏は大の三菱好きということもあり、「パジェロ・スポーツ」の他にも大型ピックアップトラックの「トライトン(Triton)」も所有。
そしてトヨタのフラッグシップミニバン「アルファード」も非常に好みということで、オフロード志向の強い「パジェロ・スポーツ」をベースに、ダイナミックシールドグリルをベースにしつつ、更にフロントグリルには「アルファード」のオラオラ顔グリルに移植することで、自身の求めていた複数のデザインを見事一つに集約することに成功しています。

スポンサーリンク

~これだけのカスタムをオーナー一人で行っているのも凄いところ~

もちろん、カスタムはこれに留まらずフロントヘッドライトも「アルファード」風に仕上げるべくユニットを移植するなどの工夫が施されているそうですが、そのライトを含むハウジングも埋め込むためにはフロントバンパーやダイナミックシールドグリルをある程度を修正する必要があるため、特にダイナミックシールドグリルフレームを削る等の追加工を施すことにより、何とかライトの埋め込みに成功。

しかもこうした細かいカスタムというのも、業者やチューナーに依頼するのではなく、全て自分の技術力と手作業で行うというところも凄いところ。

元々はカーショップに勤めていたということもあって、今は独立してカスタムカーなどを製作しちえる代表でもあるそうですから、こういった作業は完全に趣味のレベルになっているのでしょうね(それでも完成度高すぎですが…)。

そしてこちらが夕日の下で撮影された「アルファード」風の「パジェロ・スポーツ」。
フロントのLEDデイタイムランニングライトと車幅等が非常にまぶしいものの、そのラインは非常に引き締まっており、より「アルファード」っぽい印象を受けるデザインに。
メッキパーツの主張もそれなりには強いのですが、本物の「アルファード」に比べて少し控えめなので個人的にはカッコ良いと思えるほど。

真正面から見てみるとこんな感じ。
「アルファード」のような少し平べったい顔つきではなく、より立体感を持たせたオラオラ顔でアグレッシブさが増しているようにも見えます。
うん、三菱はこのデザインで市販化したら普通に売れると思うんですけど…

~今後更にカスタムが施される予定だが、一体どこが変化する?~

足元のアルミホイールはゴリゴリオフロード感満載のForgiatoカスタムホイール。
ブラックペイント処理+切削光輝のデュアルトーン仕様で非常にアクティビティ。2ピースロックナット式だと思うのですが、このホイールだけでも相当な費用が掛かっていると思います。

そして以下では、今後新たにカスタムが施されるガーニッシュパーツの追加。
よりスタイリッシュさとエッジの鋭さを強調するためのパーツだそうですが、ここからどのように変貌していくのか注目したいところです。

☆★☆三菱関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう