その名は”ヴェルデ・アベトーネ”。激渋グリーンのフェラーリ「F40」が公開。セブンイレブンのようなカラーを持つ「488ピスタ・スパイダー」が納車

2020-02-27

~スーパーカーのグリーンだけでもとんでもない数がラインナップされている~

さて、以前より度々お届けしているスーパーカーの激渋グリーンシリーズ。
フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンといったスーパーカーブランドにてラインナップされるボディカラーは非常に多く、今回ご紹介するグリーンカラーだけでも2桁種類存在するとのことで(ちなみにグリーンはイタリア語でヴェルデ[Verde])、「ヴェルデ・スクーロ/ヴェルデ・シルバーストーン/ヴェルデ・マンティス/ヴェルデ・イタカ」等…とにかく種類が豊富。

今回ご紹介するのは、フェラーリのスペチアーレモデル「F40」にも設定されたブリティッシュグリーンカラーの「ヴェルデ・アベトーネ(Verde Abetone)」ですが、アベトーネはイタリア・フィレンツェから約60km程離れたトスカーナ地方にあるリゾート地のことを指しており、スキーの観光地にもなっているので、どちらかというとホワイトのイメージが強いですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~レッドやイエローのイメージが強いフェラーリだが、グリーンも中々に似合う~

ちなみにこの激渋グリーンカラーの「F40」ですが、イタリア人レーシングドライバー(ブランパン耐久レースにてランボルギーニ・スーパートロフェオシリーズにも参戦)でお馴染みEugenio Amos氏が所有している個体だそうで、これ以外にも激渋グリーンのランチア「デルタ」なども所有。

それにしても…このグリーンカラーはかなり深みがあってセクシーと言いますか…いかにもブリティッシュグリーンという表現が似合うほど。
ルーバーチックなガラスエンジンフードとの相性も抜群。

インテリアはカスタムメイドということで、(上の画像では見えないものの)クオイオ・スケドーニと呼ばれるレザーシートに設定。
高い品質はもちろんのこと、フェラーリのもう一つの特徴でもあるレザーの香りも堪能できるのは嬉しいですね。

ちなみにEugenio Amos氏は、過去に2台の「F40」を所有していたことでも有名ですが、その内の1台は1億円以上のプレミア価値を付けて既に売却しています。

~セブンイレブンカラーの「488ピスタ・スパイダー」が納車?!~

こちらはフランス・パリにて納車されたセブンイレブンのような色合いを持つフェラーリのスペチアーレモデル「488ピスタ・スパイダー(Ferrari 488 Pista Spider)」。
厳密にいえば、アリタリア・ラリーカー風に仕上げられており、ホワイトをベースにグリーンやレッドのアクセントカラーを追加したスポーティなデザインに仕上げられていますね。

こちらもフェラーリのオリジナルカラーにて仕上げられているとのことですが、おそらくカラー代だけで300万円は優に超えてくるのではないかと思われます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

 

この投稿をInstagramで見る

 

February color 💚 #ferrari #f40 #verdeabetone

Machines, Usually Analog(@redshift75)がシェアした投稿 –

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:AUTOGESPOT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう