フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット・タイプR」はこうなる?愛嬌のある顔つきから一転してマイルドヤンキー仕様、更には新型「シビック・タイプR」の要素もモリモリ

~何故登場することを期待してしまう新型「フィット・タイプR」~

さて、以前より何かと噂されてきたホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4・タイプR(Honda New FIT 4 Type R)」登場説。

自動車情報誌ベストカーでも、いずれハイパフォーマンスグレードのタイプRが登場すると断言していたものの、新型「シビック・タイプR」のプロジェクトリーダーである柿沼秀樹 氏は、イタリア・ミラノにて行われたイベントでのインタビューで、「シビック・タイプRに相当するようなモデルの投入計画は当面無い。タイプRの”R”は、常にレースを象徴しているため、SUV等の他のラインナップモデルにも簡単にその名前を使うことはなく、使う意味もない。唯一”タイプR”を必要とする要件を満たすのはシビックだけである」と語っています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

上記のことから、新型「フィット4・タイプR」が登場する可能性は限りなく低い状態にあるわけですが、そんな中で”もしも系”シリーズということでレンダリングが公開されています。
今回レンダリングを作成したデジタルアーティストのAksyonov Nikita氏によると、マイナーチェンジ版の「シビック・タイプR」のフロントバンパー等を採用しつつ、大きなフロントヘッドライトにはカバーを設けることで厳つい表情を演出。
見方によってはマイルドヤンキー風なのですが、そこそこ新型「フィット4」の面影が無くなっているようにも思えますね。

スポンサーリンク

~あらゆる部分に「シビック・タイプR」の要素がモリモリ~

ちなみにフロントインテークのL字型ブレードはこんな感じで、フロントスポイラー同様にレッドのピンストライプを追加しているのがわかりますね。

サイドのデザインはこんな感じ。
フロントスポイラーの張り出しの影響もあってか、ちょっとしゃくれているようにも見える「フィット・タイプR」。
足元にはブラックのグロスペイント処理が施された大口径アルミホイールと、レッドのブレーキキャリパを採用しています。
更にリヤウィングも装備されて過激さが増しているようにも見えます。

リヤエンドはこんな感じ。
結構攻め込んだデザインですね…リヤロアバンパーがモロに「シビック・タイプR」。縦長に見えてちょっとバランスが悪い?
リヤエキゾーストパイプの中央3本出しはある意味定番化していますね。

なおボディカラーは、新型「シビック・タイプR」よりラインナップされるブーストブルーと呼ばれるカラーが採用され、パワートレインは排気量1.5L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力200hp以上を発揮するとのことです。

☆★☆新型「フィット4・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう