ブッチギリにカッコいい。レクサス宝塚さんより「LC500/LC500h」の簡易カタログを頂く

2017-01-25

昨日、レクサス「CT200h F SPORT」のエンジンオイル交換並びにフラッグシップSUV「LX570」の試乗のためにレクサス宝塚さんを訪問した際、今年3月にデビューするラグジュアリークーペ「LC500/LC500h」の簡易カタログが入荷されたとのことだったので、早速頂きました。

関連記事①:レクサス「CT200h F SPORT」13回目エンジンオイル交換を実施(走行距離110,437km)

関連記事②:パワフルかつ繊細さが持ち味のフラッグシップSUV。レクサス「LX570」に試乗する

スポンサーリンク

レクサス「LC500/LC500h」の簡易カタログは、約20ページの構成となっており、簡易カタログにしてはかなり気合の詰まったボリュームとなっていますね。
早速ページをめくっていくと、「LC500h」と「LC500」が登場ですね。
左側は「LC500h S package」で、ボディカラーは”ディープブルーマイカ”、右側は「LC500 L package」で、ボディカラーは”ラディアンレッドコントラストレイヤリング”になりますね。


「LC500/LC500h」にて採用されている三眼LEDヘッドランプと、フルLEDリヤコンビネーションランプ、エアロダイナミックボディのデザインは、ぶっちぎりのカッコよさで、これまでのレクサスにないとてつもなく大胆なデザインですね。


内装においても、非常に特徴的なものばかりですね。


パワートレインは、「LC500h」が排気量3.5L V型6気筒エンジン+モータを搭載したマルチステージハイブリッドシステムで、最高出力359ps、最大トルク356Nmを発揮し、「LC500」は排気量5.0L V型8気筒エンジンを搭載する、最高出力477ps、最大トルク540Nmを発揮するモデルとなりますね。


以下は、「LC500/LC500h」の各グレード毎のオプション構成となります。
「LC500/LC500h」のラインナップは、”ベースグレード”、”Lパッケージ”、”Sパッケージ”が準備されており、”Sパッケージ”が”F SPORT”の代わりとなりますね。ただし、フロントフェンダーにF SPORTのエンブレムが装着されないという点が疑問に残るところ。


以下は、レクサスの予防安全パッケージや、各種機能についてですね。


「LC」では、全11色のボディカラーが準備されておりますが、新色としてまさかの「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」が登場しますね。
また、「RC」以来の”ラディアンレッドコントラストレイヤリング”も登場。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう