フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8 GTI」が遂にデビュー!”GTI”バッジの貼付位置がかなりユニーク、エンジン出力は245馬力を発揮

~かなり早いタイミングにて新型「ゴルフGTI」デビュー~

いよいよ来週の3月3日にスイス・ジュネーブモーターショー2020が開催されますが、これに先んじてフォルクスワーゲンのフルモデルチェンジ版・新型「ゴルフ8 GTI(Volkswagen Golf 8 GTI)」が世界初公開されました。

今回公開された新型「ゴルフ8 GTI」は、従来モデルをベースにしたハイパフォーマンス仕様ということで、スタイリングやフロントマスクが強化され、特にフロントエンドにはラジエーターグリル上にライトアップバーが装備されていますし、GTI特有のレッドのアクセントも追加されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~グリルデザインの大口化でアグレッシブさが大幅に向上~

改めてフロントマスクを見ていくと、フロントロアグリルは巨大なハニカム形状を採用しており、よりアグレッシブさが際立っていますが、ここに先進的なデザインとなるLEDライトクラスターも装備されます(但しオプション扱い)。

足元はこんな感じ。
非常に角ばったシングル5スポークタイプのアルミホイールを採用し、ブレーキキャリパはレッドにペイント。
そしてブレーキディスクが結構大きいことから、ブレーキング性能も大きく向上している可能性が高そうですね。

リヤデザインはこんな感じ。
新デザインの洗練されたLEDリヤテールライトに加え、先代モデルよりも大幅に改良されたリヤスポイラー、更にはスポーティさを際立たせるデュアルエキゾーストチップを含むリヤディフューザーのエッチングディテールも印象的。

あとはリヤエンドのフォルクスワーゲンエンブレム直下に”GOLF”ではなく”GTI”のバッジを貼付しているのもユニークですね。このデザインはちょっと意外でした。

~内装も先進的で充実した装備内容に~

インテリアはこんな感じ。
従来モデル同様にセンタースタックやフルデジタルゲージが採用され、更に30色のアンビエントライトが設定可能な10インチインフォテイメントシステムを装備。
オプションにて、更に大きな10.2インチのデジタルクラスターやセンタータッチスクリーンと統合されたナビゲーションシステムの設定も可能になっています。

シートも中々にスポーティ。
GTI特有のレッドのステッチとアクセントを取り入れた格子柄のファブリックシートが採用されています。ちなみにGTE/GTDは、それぞれブルーとグレーの配色を使用した特殊なシートになっているそうです。

センターコンソールも一新し、コンパクトなギアセレクターやPレンジスイッチ、更には電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドも標準装備されています。

気になるパワートレインについてですが、以前リークされた資料の通り、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力245hp/最大トルク370Nmを発揮。
トランスミッションは6速MT/7速DCTの何れかから選択が可能になっています。

なお、価格帯については何も明らかになっていませんが、おそらくは3月3日に開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2020にて詳細が明らかになると思われます。

☆★☆「ゴルフ8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう