フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8 GTD/GTE」デビュー!それぞれの個性が引き立つも変わらずのアグレッシブフェイス、但しアメリカでは販売されないという謎

~新型「ゴルフ8 GTI」に続いてGTD/GTEも一気にデビュー!~

フォルクスワーゲンはつい先ほど、フルモデルチェンジ版・新型ハイパフォーマンスハッチバックモデル「ゴルフ8 GTI(Volkswagen Golf 8 GTI)」を先行にて初公開しましたが、今度はディーゼルモデルとプラグインハイブリッド(PHV)モデルとなる新型「ゴルフ8 GTD/ゴルフ8 GTE」を世界初公開しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~まずは新型「ゴルフ8 GTD」を見ていこう~

早速それぞれの個体を見ていくと、ディーゼルタイプの新型「ゴルフ8 GTD」は、先ほど発表された「ゴルフ8 GTI」同様にアグレッシブな顔つきを継承し、フロントロアグリルには大きなハニカム形状のメッシュとLEDライトクラスターも採用しています。

基本的なデザインはそこまで大きく変化ないものの、最も大きく見分けが付けられるポイントとしては、フロントエンドに”GTD”バッジが貼付されるということでしょうか。
それ以外のフロントヘッドライトやLEDデイタイムランニングライトは同じデザインに仕上げられていますね。

こちらはリヤデザイン。
先ほどのGTIでは中々に衝撃的だったリヤエンブレム直下のバッジですが、やはり”GTD”も同様に、”GOLF”というバッジは貼付していませんね。
リヤエキゾーストチップは片側2本出しのみとなりますが、十分スポーティで見栄えも良い感じです。

足元のアルミホイールも非常にスポーティなマルチスポークタイプで、ブレーキキャリパは前後でペイントが異なるタイプになっていますね。

新型「ゴルフ8 GTD」のインテリアはこんな感じ。
先ほど同様に10インチのインフォテイメントスクリーンにフルデジタルゲージ、更には本革巻きステアリングホイールを採用しています。

シートはライトグレーのアクセントが入ったファブリックタイプ。

センターコンソールは新型GTIから特に大きな変更も無く、コンパクトなギアセレクターと電動パーキングブレーキに加え、オートブレーキホールドも標準装備となっています。

パワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力197hp/最大トルク400Nmを発揮と、かなりトルクモリモリ。
トランスミッションは7速DSGのみがラインナップされるそうです。

~新型「ゴルフ8 GTE」もチェック!~

続いてはプラグインハイブリッドモデルの新型「ゴルフ8 GTE」。
こちらも基本的にはGTDと変わらないフロントフェイスとなりますが、唯一大きく異なるのが”GTE”バッジが貼付されていること。

足元のアルミホイールは何とも複雑な形状を持ちますが、ブレーキキャリパは前後同色のレッドにペイントされていますね(ブレーキディスクも大きい!)。

こちらはリヤデザイン。
ダミーマフラーパーツが設けられていますが、実際にはマフラは下向きで隠れた状態になっていますね。
後は”GTE”のバッジがエンブレム直下に貼付されています。

こちらはインテリア。
大きく異なるのはデジタルメータのレイアウトですね。
後は3スポークステアリングの6時の部分にGTEのバッジが貼付されていること。

こちらもシートはファブリック製ですが、非常に濃いめのブルーのアクセントが追加されています。

センターコンソールも特に変更なしとなっています。

気になるパワートレインですが、排気量1.4L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーターを組み合わせることにより、システム総出力241hp/最大トルク400Nmを発揮で、トルクに関してはGTDと同じスペックになります。

なお電気モーターのみでの航続可能距離は60km、速度であれば130km/hまでであればモーターのみでの走行が可能になるとのこと。
トランスミッションは6速DSGのみがラインナップされます。

ちなみに、今回発表された新型「GTD/GTE」は欧州市場から先に販売されるとのことですが、アメリカ市場では販売されないことが明らかになっています。

☆★☆「ゴルフ8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう