フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「300系ランドクルーザー」が2020年内に発売しないとの噂が浮上。早くとも2021年4月デビュー、何と3.5リッターV6ディーゼルターボエンジンが国内投入との情報も

~やはり新型「300系ランクル」の年内販売は厳しいようだ~

さて、以前より2020年内の市販化が期待されていたトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「300系ランドクルーザー(Toyota New 300 LandCruiser)」ですが、このモデルが2020年内に登場しないとの噂が浮上しています。

前回自動車情報誌ベストカーは、2020年夏ごろに登場すると断言していたものの、自動車情報誌マガジンXにおいては、今現在も社内検討などが積極的に進められる一方でマイルドハイブリッドシステムの検証や”デザインの差し戻し”といった影響により、約8か月ほどの開発遅れが発生するとのことで、早くともデビューするのは2021年4月になるのではないか?とのこと。

スポンサーリンク

~新型「300系ランクル」は原点回帰を図る意味でオフロードデザインに変更された可能性も~

これはおそらく、北米にて行われたトヨタの会合の一部情報リークより、新型「300系ランドクルーザー」がラグジュアリー性を重視するのではなく、”オフロード性能”を重要視し価格帯も抑えた一台になると言われていることを考えると、これまで決定付けられてきたラグジュアリーチックな外観から一転し、「ランクル」の原点回帰やレクサス「LX」との差別化を図る意味でオフロードモデルらしい外観に変更されたのではないか?と考えられますね。

エンジンはマイルドハイブリッドとディーゼルの2種類をラインナップ?

続いてパワートレインについてですが、これは以前より噂されてきた排気量3.5L V型6気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムと言われていたものの、どうやらマガジンXの情報によれば、レクサス「LS500」にも採用の排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン+シングルモーターのマイルドハイブリッドシステムが採用されるとのこと。

ただ、これによってどれだけのスペックを持つことになり、燃費性能にどれだけの影響を与えるかまでは記載されていないものの、少なくとも現行モデルの排気量4.6L V型8気筒エンジンモデルよりかはハイパワーで低燃費なシステムになることは確実だと思われます。

そして、以前ベストカーはディーゼルエンジンのラインナップを廃止すると断言していましたが、マガジンXでは排気量3.5L V型6気筒ディーゼルターボエンジンをラインナップすると説明。
この辺りはどちらの情報が正しいかの判断が難しいため何とも言えませんが、もしも後者の情報が正しいのであれば、マイルドハイブリッドモデルよりも価格帯が抑えられたエントリーモデルとして購入しやすい一台になるのではないかと思われますね。

~新型「300系ランクル」の開発遅れはレクサス「LX」にも~

もちろん、こうした新型「300系ランドクルーザー」の開発遅れは、レクサス新型「LX」にも大きく影響することになるため、元々2020年末~2021年初めごろにデビュー予定だったものが、2021年末ごろに引き伸ばされるのは致し方ないと思いますね。

☆★☆「ランドクルーザー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう