エコはどこに行った?トヨタ「プリウス」を後輪駆動(RWD)化&3.9リッターディーゼルターボ搭載で黒煙モクモク&ゴリゴリをバーンアウトwoしてみた!【動画有】

~もはや悪意すらも感じる過激改造の「プリウス」が登場~

トヨタ「プリウス(Toyota Prius)」といえば、空力特性を考慮した特徴的なハッチバックスタイルを持ち、30km/L以上の低燃費をたたき出す環境に優しいグリーンカーとしても有名ですが、海外のプロドライバーであるベン・シュルツ氏が所有する2代目「プリウス」がとんでもなく過激であると大きな話題に。

一見して非常にシンプルなシルバーカラーの「プリウス」ですが、内部に排気量1.5L 直列4気筒エンジンは搭載されておらず、何と4BT型のカミンズターボディーゼルエンジンをぶち込んでいるとのこと。
そして更に驚きなのが、かなり過激で環境に全く優しくないディーゼルエンジンを「プリウス」のボンネット内に上手く収めたことだと思いますね。

スポンサーリンク

~明かに環境に良くない要素が盛りだくさん~

ちなみに、この4BTカミンズエンジンは、排気量3.9L 直列4気筒ディーゼルターボ仕様で、最大トルク359Nmまで引き上げられています。
エンジン重量だけだと363kgと中々に重いものの、なかには排気量5.9L V型12気筒ディーゼルエンジンもラインナップしているとのことで、さすがにこれだけの大排気量エンジンを「プリウス」に収めることができなかったので、”妥協して直4ディーゼルターボエンジン”をぶち込んだそうです。

この他にも、アフターマーケットターボチャージャーや大型インタークーラーなども装備され、若干の仕様変更が施されており、更には前輪駆動(FF)から後輪駆動(RWD)へとダイナミックに変更することで、より過激でエキサイトな走りを提供するとのこと。

既に上の画像でも確認できますが、明らかに環境に悪そうな黒煙がモクモクと…それでいて後輪でのバーンアウトパフォーマンスも行われていますが、もはやエコはどこにいったのか?というレベルの変貌っぷり。
なおディーゼルターボ仕様の気になる燃費はおおむね3~4km/Lぐらいとのことです。

【Cummins Powered Prius Burnout】

☆★☆「今日のプリウス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう