格の違いを見せつける。ランボルギーニ「ヴェネーノ」がスペインのサーキットを走る動画【動画有】

世界限定3台のみ販売された、世界一高価なハイパーカーであるランボルギーニ「ヴェネーノ」が、ランボルギーニ主催のイベントにおいてスペインのヴァレルンガサーキットを走行し、その内容を動画にて公開。

スポンサーリンク

ランボルギーニ「ヴェネーノ」は「アヴェンタドール」をベースにしたパワートレインが排気量6.5L V型12気筒エンジンを搭載する、最高出力750ps発揮のハイパーカーですが、その見た目からもわかるように相当に非現実的なフォルムと刺々しいデザイン性から、他の車種との格の違いを大いに見せていますね。

なお、「ヴェネーノ」とはイタリア語で”毒”を意味しており、1908年に人気闘牛士の一撃で葬ったという悪名高き闘牛の名前からとった名称でもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう