スバルが新型ハイパフォーマンスクーペSUV「アドレナリンSTI」を2021年末に登場するとの噂が浮上。ライバルはマツダ「CX-30」?エンジンは3種類をラインナップ予定?

~但し本当に登場するかどうかは全くもって不明~

スバルはスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、新世代スポーツクーペSUV「アドレナリン(Subaru Adrenaline)」を公開しましたが、このモデルをベースにしたハイパフォーマンスモデルとなる「アドレナリンSTI(Subaru Adrenaline STI)」が2021年末ごろに登場するとの噂が浮上しています。

自動車情報誌ベストカーによると、スタンダードグレードの「アドレナリン」に関しては、新型「レヴォーグ(Levorg)」にもラインナップされる排気量1.8L 水平対向4気筒ターボエンジンと排気量2.0L 水平対向4気筒マイルドハイブリッドエンジンがラインナップされる予定で、更なるハイパフォーマンスグレードの「アドレナリンSTI」には、排気量2.4L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載する予定とのこと。

スポンサーリンク

~最も対象となり得る競合モデルはマツダ「CX-30」か?~

なおデザインについては、「Viziv Adrenaline Concept(ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」がベースとなる可能性が高く、エッジの効いたデザインやアグレッシブなフロントヘッドライト、更にはオフロード性を強調させるプロテクタパーツ等を装備するとのこと。

ボディサイズに関する詳細な情報は公開されていないものの、自動車ニュースサイトResponseの情報を参考にさせていただくと、全長4,490mm×全幅1,900mm×全高1,620mmと非常にワイド&ローなスタイリングを持ち、既存モデルとなる「XV」と「アウトバック」の中間モデルに位置する一台になることが予想されています。

競合モデルについては、マツダの最新クーペSUVモデル「CX-30」やトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota Harrier)」あたりの可能性が高く(「ハリアー」はちょっと大きすぎるか?)、価格帯もどのあたりに落とし込んでくるのか非常に気になるところではありますね。

☆★☆スバル関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう