意外と有りそうで無かった!映画「ワイルド・スピード」に登場したブライアン仕様のトヨタ「80スープラ」のデザインを、日産「スカイラインGT-R R34」に採用してみた!

~まさか「ワイルド・スピード」のブライアン仕様をミックスさせる時が来るとは…~

前回、トヨタ新型「GRスープラ(Toyota GR Supra)」にマツダ「RX-7(FD)」をミックスしたら?というレンダリングをご紹介しましたが、同じレンダリングアーティストであるdm_jon氏が、今度は日産「スカイラインGT-R R34(Nissan Skyline GT-R R34)」をベースに、映画「ワイルド・スピード」にて登場したブライアン・オコナー仕様のトヨタ「80スープラ」風にペイントしたら?というレンダリングが公開されています。

今まで有りそうで無かった今回の組み合わせですが、こうして見るとオレンジのボディカラーにサイドにはド派手なデカールとイエローのアクセントが加わったR34もそこまで悪くないというのが正直なところです。

スポンサーリンク

~よくよく考えてみたらオレンジカラーの「スカイラインGT-R R34」も見たことはなかった~

フロントから見てみるとこんな感じ。
フロントヘッドライトやフロントエンドのグリルデザインなどは特に大きな変化は無いものの、エアインテークや端っこに張り出したウィングレットはオリジナルで、かなりのワイド&ローを演出していますね。
レンダリングデザインとしては、そこまでの立体感は無いにしても、これはこれで懐かしみの雰囲気が出ていて好みだったりします。

サイドのスタイリングはこんな感じ。サイドデカールの迫力が凄いですね…まさか「スープラ」ではなくR34に貼付されるときが来るとは。
足回りはガッツリローダウンされたシャコタン仕様で、タイヤが上手いことフェンダーで被さっていますね。
後はブレーキキャリパがレッドのアクセントにて仕上げられているのも非常にスポーティ。

リヤプロファイルはこんな感じ。
リヤマフラーの径が物凄く太いことに…旧型国産スポーツにてよく見られた改造マフラーといったところでしょうか。
ここから放たれるエキゾーストサウンドも野太くてダイナミックなのは間違いないでしょうね。

こちらは真後ろから見たスタイリング。
固定式の巨大リヤウィングを装着していますが、車幅ギリギリといったところでしょうか?
とりあえず車検通せるか通せないかの微妙なところも、国産改造モデルのユニークなところだったりします。
四灯式リヤテールランプとオレンジの組み合わせも意外と悪くないかも?

なお、今回はあくまでも予想レンダリングなので、実際に存在するものではありませんが、こうしたレンダリングが広まることでR34をベースにブライアン仕様の「スープラ」風にラッピングを施すユーザーやチューナーも登場してくるかもしれませんね。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう