ランボルギーニ「ウルス」にプラグインハイブリッドモデルがラインナップへ。今後スーパーカーにもハイブリッドが採用か

ランボルギーニは、2018年モデルとして登場予定のSUV「ウルス」にプラグインハイブリッドモデルをラインナップすることを発表。
これはランボルギーニのR&DボスであるMaurizio Reggiani氏が発表したもので、更には今後ランボルギーニのスーパーカーにもプラグインハイブリッドモデルが採用される予定であることも明言しています。

スポンサーリンク

しかし、Maurizio氏 曰く「ウルスにPHEVシステムを採用する最初のランボルギーニモデルとなるが、このPHEVシステムはSUVのプラットフォームには理想的であるも、今の技術ではスーパースポーツに取り込むことはできない」とも発言しており、2シータ・タイプのスーパーカーにおいては、まだまだ先の長い話になると思われますが、その中で可能な限り早急に立上げられるように開発を進めていくと前向きに検討しているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう