これは仕方ない…映画「ワイルド・スピード/ジェット・ブレイク(Fast And Furious 9)」が新型コロナウイルスの影響で2021年4月に公開延期決定【動画有】

~これ以上の拡散を防ぐために延期は致し方ない

中国・新型コロナウイルスの影響にて、数多くのイベント(モーターショー)が中止・キャンセルとなり、更にはモータースポーツにおいても次々と中止・延期が発表されていますが、今度は新作映画「ワイルド・スピード/ジェット・ブレイク(Fast And Furious 9)」の公開日時が2021年4月に延期となったことが明らかとなりました。

元々は2020年4月2日に公開予定で、2020年5月22日まで公開をチェックすることができるはずでしたが、パンデミックと発表されてから更に問題が深刻化したために、長期的な延期が必要となり最終的に2021年4月に決定したとのこと。

スポンサーリンク

~ワイルド・スピード公式ツイッターもファミリーへメッセージ~

なお、「ワイルド・スピード」公式ツイッターでも正式に延期が決定したことを報告。

全てのワイスピファンと家族に向けて愛のメッセージを込め、公開時期が丸々1年延期となること、健康への気遣いと一人ひとりの配慮が必要になることを伝えています。

~今回のサプライズはやっぱり”ハン”の登場~

なお今回の最新作では、前作にてドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼル氏をはじめとしたファミリーがカムバックし、更にサイファー役のシャーリーズ・セロンさんらも再登場。
そしてファミリーの絆を揺るがす新たな敵も参戦するだけでなく、3作目となるX3 TOKYO DRIFTに登場したハン役のサン・カン氏も登場するとのことで、まさにサプライズ尽くしの作品となりそうです。

ただ、ハンといえばX3 TOKYO DRIFTにてカーチェイスを行ってメルセデスと大きな衝突事故を起こし、その後お別れのシーンも公開されていたため、あのシーンを一体どのように説明するのかも非常に気になるところ。

「今回登場しているのは本当にハン本人なの?兄弟とか?」といった様々な憶測もありますが、真相については2021年4月までのお楽しみ。

そしてこちらは、X3 TOKYO DRIFTにも登場した主人公ショーン役のルーカス・ブラック氏と、アール役のジェイソン・トビン氏も登場。
ハンと3人で楽しく会話しているオフショットシーンもありますが、何か感慨深いものがありますね。

本作品では、ロケットエンジンを搭載したポンティアック「フィエロ」が登場していますが、これを使ってローマンが運転するシーンも確認でき、何やら面白いことが起きるかもしれません。

【『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』|第一弾予告】

☆★☆映画「ワイルド・スピード」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう