トヨタの新型「スープラ」はGazooブランドにて販売される?メンテもGazooが担当か

先日、2018年モデルのトヨタ「スープラ(FT-1)」の開発車両が捕捉された記事を公開しましたが、どうやらその新型「スープラ(FT-1)」がトヨタ・ガズーレーシングとしても有名なGazooブランドの下にて販売される可能性が浮上しています。

関連記事:久々登場の2018年モデルのトヨタ「スープラ」。年内には何とかデビューか

スポンサーリンク

トヨタ・ガズーと言えば専務役員である嵯峨宏英 氏をはじめとするハイパフォーマンスモデルを展開するレーシングブランドでもありますが、今回の新型「スープラ(FT-1)」に、そのロードカーチームが展開するレーシングハイブリッドパワートレイン技術を採用する可能性が高いとのこと。

つまりは、通常のトヨタが取り扱うパワートレインではなく、”トヨタ・ガズー”が取り扱うパワートレインとなることから、販売並びにアフターサービス等のメンテナンス対応はトヨタ・ガズーが承る可能性があるわけですね。

ただ、未だその情報が明確化されているわけではなく、新型「スープラ」の名称もそのまま「スープラ」で進められるのか、それとも「ガズー・スープラ」といった”ガズー”を取り込んだネームになるのかも不明となっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう