フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「アマロック」はこうなる?フロントデザインが三菱のダイナミックシールドグリルにそっくり過ぎる件

~アメリカやカナダ市場ではそれなりに人気を高めそうな一台~

フォルクスワーゲンは以前、フルモデルチェンジ版・新型ピックアップトラック「アマロック(Volkswagen Amarok)」に関する上のティーザー画像を公開し、そのフロントマスクが三菱のダイナミックシールドグリルに似ている?と大きな話題を呼んでいましたが、このモデルをベースに早くもロシアのデジタルアーティストでお馴染みKolesa.ru氏が、完成予想レンダリングを公開しています。

スポンサーリンク

~若干のトーンダウンと現実的なデザインながらも、やっぱりフロントは三菱っぽい~

コチラが実際に作成された新型「アマロック」の完成予想レンダリング。
背景デザインと言い、フロントマスクのダイナミック感と言い、見れば見るほどに三菱のダイナミックシールドグリルを想起させるようなデザインであることがわかりますね。
なお、この部分はX字を縁取るような形でメタリックパーツを装備しているとのことですが、この辺りはグレードやオプション次第ではブラックパーツに変更できる可能性もあるのだとか。

そしてフロントヘッドライトは二眼式のLEDで、その下には連なるような形でL字型のLEDデイタイムランニングライトが装備されていますね。

こちらはリヤプロファイル。
足もとの大口径アルミホイールと扁平率ちょっと高めの極太タイヤを装着。
フロント・リヤフェンダーの張り出しも中々にダイナミックですが、ブラックのプロテクタパーツではなく、敢えてボディカラーと同色素地というのもアリではないかと思います。

パワートレインについては、今のところ詳細は明かになっていないものの、恐らくはハイブリッドシステムがメインで設定される可能性が高いとのことで、加えてガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方をラインナップする計画にあるとも言われています。

競合モデルについては、フォード「レンジャー(Ford Ranger)」が対象になると思われ、市場によっては三菱「トライトン(Mitsubishi Triton)」とダイナミックシールドグリル同士の真っ向勝負が見れる可能性もあるかもしれません。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう