早速来た!ロータス新型「エスプリ」と思われる開発車両が登場。「エヴォーラ」のガワを被りつつもかなりワイド&ローなスーパーカースタイルに

~どうやら新型「エスプリ」は本当に登場するようだ~

以前、ロータスは新世代V6エンジン+ハイブリッドシステムを搭載した「エスプリ(Lotus Esprit)」を2020年前半頃に発表するという噂が浮上していることをお伝えしましたが、早速新型「エスプリ」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている個体ですが、ボディは「エヴォーラ(Evora)」のガワを被りつつも、マットブラックのようなカラーに塗装され、一部カモフラージュされたようなテーピングがところどころにて確認されたような不思議な外観を持っていますね。

スポンサーリンク

~ロータス独自のコンパクトスポーツカーではなく、ほぼほぼスーパーカーと定義してもおかしくない?~

今回初めて目撃された開発車両ですが、2020年前半頃にプロトタイプが登場するということであれば、プラットフォームやボディはある程度完成形に近づけている可能性が高いと予想。
なお、ボディはかなりのワイド&ロースタイルを持つスーパーカーチックな外観を持ち、ロータスが大幅に改良したアルミニウムプラットフォームを流用することは間違いないと思われます(新世代プラットフォーム移行前の最後のアルミニウムプラットフォームを採用するモデルになりそう)。

加えて足回りも見ていくと、ブレーキディスクは相当に大きく、ブレーキキャリパはレッドにペイントされていますね。
グレードによってはカーボンセラミックブレーキと鋳鉄製ブレーキをラインナップする可能性もあるとのことですが、足回りも相当に強化されていることが期待できそうです。

なお新型「エスプリ」は、2シーターレイアウトでトヨタ製V6エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用し、システム総出力500hpを発揮すると言われています。
特にハイブリッドシステムについては、ロータスでの新開発システムになるとは言われているものの、親会社である中国・吉利(Geely)が所有する姉妹ブランド・ボルボのハイブリッドシステムと同じ技術を使用する可能性もあるとのことですが、このあたりの真偽は不明なままとなっています。

販売時期については、2021年頃を目標にしているとして、欧州市場だけでなくアメリカや中国市場でも市販化される予定となっています。

☆★☆ロータス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう