ポルシェ「マカン/マカンS/マカンGTS/マカン・ターボ」にリコール。燃料パイプに亀裂が生じてしまい、最悪の場合燃料が漏れて炎上する恐れアリ

~最悪の場合、燃料漏れで炎上する恐れも~

ポルシェのエントリーSUVモデルとなる「マカン(Porsche Macan)/マカンGTS/マカンS/マカン・ターボ」の4車種・計8,912台にリコール。
リコール内容としては、燃料装置において、燃料ポンプサービスホールカバーと燃料ポンプフィルターフランジ間の公差設計が不適切なため、リヤシートに荷重がかかった際に当該カバーが燃料ポンプの吐出パイプに干渉することがあるとのこと。
そのため、当該パイプに亀裂が生じ燃料が漏れるおそれがあるとしてリコールを発令しています。

スポンサーリンク

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は発生していないものの、既に不具合は1件発生しており、市場不具合及び本国からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[マカン]
・ABA-95BCNC/WP1ZZZ95ZFLB09251~ WP1ZZZ95ZGLB015030/平成 26 年 10 月 27 日~平成 28 年 3 月 4 日/967台

・ABA-95BCNCA/WP1ZZZ95ZFLB12008~ WP1ZZZ95ZGLB15005/平成 26 年 11 月 13 日~平成 28 年 2 月 3 日/20台

・ABA-J1H1/WP1ZZZ95ZHLB00004~ WP1ZZZ95ZJLB09435/平成 28 年 4 月 5 日~平成 30 年 4 月 26 日/2174台

・ABA-J1H1A/WP1ZZZ95ZHLB00330~ WP1ZZZ95ZJLB08797/平成 28 年 4 月 7 日~平成 30 年 4 月 9 日/17台

[マカンGTS]
・ABA-J1H2/WP1ZZZ95ZHLB60625~ WP1ZZZ95ZJLB75150/平成 28 年 4 月 11 日~平成 30 年 4 月 26 日/1409台

・ABA-J1H2A/WP1ZZZ95ZHLB60078~ WP1ZZZ95ZJLB75104/平成 28 年 4 月 5 日~平成 30 年 4 月 17 日/398台

[マカンS]
・ABA-95BCTM/WP1ZZZ95ZFLB41011~ WP1ZZZ95ZJLB33595/平成 26 年 9 月 29 日~平成 30 年 4 月 26 日/2251台

・ABA-95BCTMA/WP1ZZZ95ZFLB41506~ WP1ZZZ95ZJLB32820/平成 26 年 11 月 13 日~平成 29 年 4 月 7 日/184台

[マカン・ターボ]
・DBA-95BCTL/WP1ZZZ95ZFLB47066~ WP1ZZZ95ZJLB81734/平成 26 年 10 月 27 日~平成 30 年 4 月 17 日/733台

・DBA-95BCTLA/WP1ZZZ95ZFLB47150~ WP1ZZZ95ZJLB81775/平成 26 年 10 月 18 日~平成 30 年 4 月 9 日/577台

・ABA-J1H3/WP1ZZZ95ZHLB72519~WP1ZZZ95ZJLB81768/平成 29 年 1 月 16 日~平成 30 年 4 月 9 日/127台

・ABA-J1H3A/WP1ZZZ95ZHLB72701~WP1ZZZ95ZJLB81802/平成 29 年 1 月 25 日~平成 30 年 4 月 26 日/55台

改善措置としては、全車両、燃料ポンプサービスホールカバー干渉部を加工する、もしくは対策品に交換。なお、燃料ポンプ吐出パイプを点検し亀裂が生じている場合は新品に交換するリコール作業を実施するとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

Reference:国土交通省

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう