日本の過激チューナー・クライメイトがマツダ新型「CX-5」をマセラティ「レヴァンテ」風にカスタム。シャコタン&族車スタイルでかなりゴリゴリに

~北陸からこれまた過激なカスタムモデルが登場!~

富山県の過激チューナー・クライメイト(CRIMATE)が、マツダのミドルサイズSUV・新型「CX-5」をベースにした最新ワイドボディキット”Balena(勇壮美麗)”を世界初公開しました。

このボディキットは、「CX-5」のアグレッシブなフロントフェイスを上手く活用しつつも、”ヒゲ”風な意匠を採用しているとのことで、特にそのフロントフェイスはマセラティのミドルサイズSUV「レヴァンテ(Maserati Levante)」にも似た、欧州チックな外観に仕上げられています。

スポンサーリンク

~実車と見比べてみても確かに「レヴァンテ」の特徴を掴んでいる~

ちなみに「レヴァンテ」のフロントフェイスはこんな感じ。
どことなく「CX-5」のフロントフェイスが「レヴァンテ」に似ている?とは思っていたのですが、こうして専用ワイドボディキットを装着した形でカスタムして見ると、確かに「レヴァンテ」っぽい雰囲気を醸し出していますし、マセラティの特徴的なヴァーティカルスリットの入ったフロントグリルも上手く採用されているのがわかりますね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤロアバンパーやフロント・リヤフェンダーはかなりアグレッシブに進化し、更に足回りも専用車高調をインストールすることでゴリゴリにローダウン。
スタイリングとしてはミドルサイズSUVなのですが、かなり良いところまで落とし込んだシャコタン仕様に様変わり。

改めてフロントデザインに戻ってみると、フロントスポイラーはハーフタイプで複雑な構造に。
足もとのアルミホイールもかなり複雑な大口径タイプの2ピース構造?でしょうか。HREホイールが開発した3Dプリンタ式アルミホイールのデザインにも似ていて非常に先進的。

リヤスポイラーはこんな感じ。
ブラックの部分は基本的にFRP製となるため、オプションにてドライカーボンやウェットカーボンを設定することは不可能のようです。

こちらはステンレス製マフラーカッターで左右2本出しに。
ワイド&ローが際立つアグレッシブなカスタム内容となっています。

~「CX-5」専用ワイドボディキットの価格一覧を見ていこう~

なお、今回クライメイトが発表した専用ボディキットのプライスリストは以下の通り。

・Front Spoiler(2piece)フロントスポイラー ハーフタイプ(2ピース):68,000円
・Front LED set(OP)フロントLEDセット(オプション):20,000円
・Rear Spoiler(リアスポイラー ハーフタイプ):58,000円
・Rear LED set(OP)リアLEDセット(オプション):25,000円
・Side Stepサイドステップ:59,000円
・Side Door Panelサイドドアパネル:72,000円
・Over Fenderオーバーフェンダー:118,000円
・Front Grillフロントグリル:52,000円
・Rear Roof Spoilerリアルーフスポイラー:45,000円
・Aero Bonnetエアロボンネット:115,000円
・Front Side Garnishフロントサイドガーニッシュ:30,000円
・Full Compleat(Option LED set)フルコンプリートセット(オプションLEDセット込):598,000円
・Muffler Cutter Stainles(Sold separately)マフラーカッターステンレス 左右2本出し(別売):39,000円

☆★☆マツダ・カスタムモデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CRIMATE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう