スバル「WRX STI」をミリタリー&サメの歯デザインにてラッピング。ここまでユニークなスバルのカスタムモデルは珍しいかも?

~ある意味スバルの新境地が見れそうなカスタムだ~

ピクセルアーティストのスコット・ケップル氏が、スバルのハイパフォーマンスモデル「WRX STI」をベースに、第二次世界大戦のShark Teeth Fighterとミリタリーをテーマにしたド派手なカスタムラッピングモデルを公開。

このラッピングデザインは、以前より何かと話題となっているサビ風ラッピングやレトロ風ラッピングの延長線上にあるようなもので、そこにユーモア性を交えるために「サメの歯」というアクセントを追加したそうです。

スポンサーリンク

~実はラッピング以外は何もカスタムを施していない件~

これまで何かと正統派(マジメ系?)を貫いてきた「WRX STI」ですが、まさかこうしたユニークなカスタムラッピングを施してくるとは全く想像もしていませんでした(っというか誰も挑戦しようとしなかった?)。
これといったエアロキットの装着やエンジンチューニングは行われていないものの、ラッピングだけで十分その存在感を発揮していることは確か。

リヤデザインはこんな感じ。
フロントやサイドだけでなく、リヤバンパーやリヤウィングもレトロミリタリー風ラッピングを施していますが、リヤディフューザーはそのままブラックのアクセントを採用。

足もとのアルミホイールやブレーキ関係は全て純正で、本当にボディ表面のみをラッピングしただけなんですね。
内装は特にこれといったカスタムは施していないとのことですが、シートやダッシュボード、内ドアトリム等もミリタリーやサメの歯などのアクセントを追加すると更にインパクトがありそうですね。

なお、このShark Teeth Fighterというデザインは、「WRX STI」以外にもポルシェ「911GT3RS」専用ラッピングとしても準備されているとのことです。

☆★☆スバルカスタム関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう