フェラーリ「F12ベルリネッタ」の後継「F12M」が3月のジュネーブモーターショー2017にてデビュー決定【動画有】

フェラーリのフロント・ミッドシップエンジン搭載の「F12ベルリネッタ」の後継車種が「F12M」という名称にて市販化される、という記事を以前公開しましたが、今回新たな情報として3月に開催されるジュネーブモーターショー2017において、その個体がワールドプレミアされることがわかりました。

関連記事:フェラーリ「F12ベルリネッタ」後継は「F12M」で決定。予想レンダリング公開に【動画有】

スポンサーリンク

パワートレインは「F12ベルリネッタ」を継承する排気量6.3L V型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は「F12tdf」の770psに近い値を引き出す可能性があるとのことですが、未だその詳細の情報は不明。

一方のデザインにおいては、これまでの奥行きのある形状のヘッドライトが採用されず、国内限定モデル「J50」に近い鋭いヘッドライトになる可能性が高いとの噂も報じられていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう