中東のWモーターズ「フェニア・スーパースポーツ」がモントレーにて公開するも相変わらず内装は不明【動画有】

2016-09-24

20160820_1_%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%8b%e3%82%a2

モントレーにて、中東が製造するWモーターズ「フェニア・スーパースポーツ」が展示・公開されました。

「フェニア・スーパースポーツ」は、「ライカン・ハイパースポーツ」の後継とされていますが、高性能化を図り、価格も1億2,000万程安くなるハイパーカーとして注目が浴びせられていますね。

スポンサーリンク

「フェニア・スーパースポーツ」の販売台数は限定の25台とされていますが、「ライカン・ハイパースポーツ」が限定7台での販売であったにも関わらず、未だ完売していないということから、もしかしたら売れ残る?という可能性もあるわけですね。

今回、公開された「フェニア・スーパースポーツ」は、発表されてから大分経過したものの、未だ外装のみで、内装は一切公開されていない模様。

エンジンは、ポルシェの改造車で有名なドイツの自動車メーカーであるRUFが「フェニア スーパースポーツ」専用に改造した水平6気筒、4.0Lツインターボ、900馬力のエンジンを搭載。
エンジンは、時速400km/hを実現可能にする為の7速デュアルクラッチギアボックスを装備ており、僅か2.7秒で時速100km/hに到達。

また、パフォーマンスの向上の為、車体全体は炭素繊維、管状軽量のアルミ製シャシーによって軽量化が行われており、総合的にライカンよりもハイスペックなモデルとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう