2018年モデルのマクラーレン「720S」には可変ドリフト制御とプロアクティブシャーシコントロールが設定に?

マクラーレンのスーパーシリーズとなる「650S」の後継車種「720S」のおいて、「650S」に設定されていたプロアクティブシャシーコントロールサスペンションがより充実した設定になるとのこと。

これらのシステムの中で、加速度を測定するシステムが各ホイールハブに装着されているとのことですが、具体的なシステムについては公表されていないため不明。
しかし、速度に応じてダンパーの強さを制御する精度が向上することは間違いなく、優れた乗り心地が提供される可能性が高いと考えられますね。

スポンサーリンク

また、可変ドリフト制御においても、「720S」の走行モードに応じて、速度とステアリングの切れ角に応じて、的確なコーナリングへの侵入をサポートする機能が充実しているとのことで、よりアグレッシブなドライビングが実現できるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう