金沢輸入車ショウ2017に行ってきました。展示車を公開してみる【ジャガー編】

2017-02-05

本日、石川県産業展示館4号館にて開催の金沢輸入車ショウ2017に行ってきました。
今回の輸入車ショーでは、石川県にある輸入車ディーラのアウディ、クライスラー、BMW、シトロエン、ジープ、メルセデスベンツ、MINI、マセラティ、ポルシェ、プジョー、ボルボ、ルノー、フォルクスワーゲン、ランドローバーと、特別協賛のハーレーダビッドソン、マクラーレン、アストンマーティンが出展。

今回はジャガーの展示車を公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

輸入車ショーは、非常に多くのお客さんでいっぱいであり、どのディーラスペースも人だらけ。
今回ジャガー金沢さんから出展された個体は、「F-TYPE」「F-PACE」「XE」「XF」「XJ」となります。


「F-TYEP」
ジャガーの新型クーペ。
パワートレインは、排気量3.0L V型6気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力380ps、最大トルク450Nmを発揮します。
ボディカラーはウルトラブルー。

全長:4,470mm
全幅:1,925mm
全高:1,315mm
ホイールベース:2,620mm
重量:1,730kg

「F-PACE」
ジャガーの主要ラインナップとなるSUVモデルですね。
パワートレインは、排気量3.0L V型6気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力340ps、最大トルク450Nmを発揮します。
ボディカラーはダークサファイアブルー。

全長:4,740mm
全幅:1,935mm
全高:1,660mm
ホイールベース:2,875mm
重量:1,920kg

 

 

「XE」
ジャガーのエントリーモデルとなる4ドアセダンですね。
パワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力200ps、最大トルク307Nmを発揮します。
ボディカラーはアルティメットブラック。

全長:4,680mm
全幅:1,850mm
全高:1,415mm
ホイールベース:2,835mm
重量:1,600kg

「XF」
ジャガーの代表モデルであり、史上最多145の賞を受賞するなど、世界中で高い評価を受けた先代モデルの成功を受け継ぎながらさらなる進化を追求する新世代「XF」ですね。
パワートレインは、排気量3.0L V6気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力340ps、最大トルク450Nmを発揮します。
ボディカラーはポラリスホワイト。

全長:4,965mm
全幅:1,880mm
全高:1,455mm
ホイールベース:2,960mm
重量:1,830kg

 

 

「XJ」
ジャガーのラグジュアリー性を象徴するモデル。
パワートレインは、排気量3.0L V6気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力340ps、最大トルク450Nmを発揮します。
ボディカラーはポラリスホワイト。

全長:5,135mm
全幅:1,900mm
全高:1,455mm
ホイールベース:3,030mm
重量:1,890kg

 


金沢輸入車ショウ2017のメーカ別の展示車両はコチラにてまとめております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう