その他, 日本メーカ, >ハプニング関連, >マツダ

憧れのV8エンジンが一瞬にしてゴミに… アメリカにて、マツダの2ドアオープンクーペ「MX-5ミアータ/ロードスター」に、無謀ともいえるV型8気筒エンジンを搭載し、エンジンスタートしようとしたところ、エンジンから炎が燃え上がり廃車となってしまうかなり残念な動画が公開されています。 今回「MX-5ミアー ...

日本メーカ, >トヨタ/レクサス, >ホンダ/アキュラ, >マツダ, >日産/インフィニティ

日産「スカイラインGT-R」の人気はとにかく異常 海外にて不動の人気を得る日本のスポーツカー5選が公開。 フェラーリやランボルギーニ、ブガッティ等のスーパースポーツモデルももちろん人気は高いのですが、日本のスポーツモデルもそれらに負けぬ程の人気があり、特に欧州では映画「ワイルドスピード」に登場したこ ...

日本メーカ, >マツダ

遂に「CX-5」もターボ化? マツダのミドルサイズSUVモデル「CX-5」に、排気量2.5L 直列4気筒ターボエンジンモデルがラインナップされる?との噂が浮上しています。 マツダは過去に、ガソリンタイプのターボエンジンを避け、自然吸気ないしはクリーンディーゼルに注力してきましたが、最近では海外市場に ...

日本メーカ, >マツダ

欧州でも「ロードスター/MX-5」がパワーアップ マツダは以前、2ドアオープンスポーツクーペの「ロードスター」をブーストアップし、最高出力160ps→184psまでパワーアップしたモデルを日本国内にて販売スタートしましたが、欧州においても同様に「MX-5(日本ではロードスター)」のパワーアップモデル ...

中国メーカ, 日本メーカ, >Zotye, >マツダ

みんカラcarviewのニュースサイト「パクリ車は消えた?中国車が急にカッコよくなった理由とは?」の内容に、”中国・北京モーターショー2018では、パクリデザインが姿を消した”と記載していますが、実際のところはパクりデザインのオンパレードでした。 今回ご紹介する中国の自動車メーカTraumのクロスオ ...

日本メーカ, >マツダ

マツダのロータリエンジン搭載モデル「RXシリーズ」。 以前はレンジエクステンダーユニットとSKYACTIV-R(スカイアクティブ・ロータリ)のハイブリッドエンジンが設定される等の噂が拡散され、予想レンダリング等も多く公開されましたが、今回も久々に次期モデル「RX-9」の予想レンダリングが公開されてい ...

リコール関連, 日本メーカ, >マツダ

自動車ニュースサイト・Responseより、マツダのSUVディーゼルモデル「CX-8/CX-5」にリコール。 リコールの内容としては、ディーゼルのエンジン制御コンピュータ(ECU)に不具合があるとして、エンジン制御プログラムが不適切なためにエンジン停止時の僅かな回転を異常と判定し、ECUへの電源供給 ...

日本メーカ, >マツダ

マツダの2シータオープンスポーツモデル「ロードスター/MX-5」が、7月26日に大幅改良して登場。 元々搭載される排気量2.0L 直列4気筒SKYACTIV-Gエンジンのエアインテークや新型シリンダーヘッド、ピストン、コネクティングロッドを重量削減・性能向上といった大幅改良が施されます。 改良される ...

リコール関連, 日本メーカ, 欧州メーカ, >プジョー/シトロエン, >マツダ, >日産/インフィニティ

自動車ニュースサイト・Responseより、プジョー「3008」とシトロエン「C4」にリコール。 リコールの内容としては、バッテリープラスケーブルについては、取り回しが不適切なためにエンジンサポートと接触するものがあるため、エンジンの振動によりケーブルの被覆が破れ、最悪の場合、ショートして火災に至る ...

日本メーカ, >マツダ

マツダが1967年から1996年にかけて販売した、国産車初のロータリーエンジンモデル「コスモ」が、約30年ぶり(2027年)に復活するかもしれないとの噂が浮上。 「コスモ」は、1967年から1972年まで初代モデルが販売され、1975年から1996年には2代目~4代目と引き継がれ、その中でも1990 ...

日本メーカ, >マツダ

マツダの次世代スポーツハッチバック「マツダ3/アクセラ」が、今年11月に開催されるロサンゼルスオートショー2018にて発表予定とのことで、ダイナミックな外観と大幅に改良された技術が盛り込まれると噂されている。 自動車ニュースサイト・オートマチック・エクスプレスの情報によると、マツダの次世代ハッチバッ ...

日本メーカ, >マツダ

マツダのフラッグシップ「アテンザ」が一部改良。 2012年11月にデビューして以来3回目の一部改良となりますが、今回はヘッドライトデザイナやフロントグリル周り等、「CX-5/CX-8」に近い見た目へと大きく変化しています。 今回一部改良された「アテンザ」では、3種類のエンジングレードをラインナップ。 ...

日本メーカ, >マツダ

マツダのフラッグシップモデル「マツダ6(アテンザ)」のSKYACTIV-D(クリーンディーゼル)モデルが、アメリカ市場向けに販売される可能性が高いと言われています。 この情報は、アメリカ・ミシガン州アナーバーにある米国環境保護局(US Environmental Protection Agency) ...

日本メーカ, >マツダ

マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-3」がデビューし3年3か月経過して4度目の大幅改良。 今回改良された「CX-3」は、マツダの得意とするクリーンディーゼルモデル・SKYACTIV-1.8が初めてラインナップされ、応答性と排出ガス性能を向上させた排気量1.8L 水冷直列4気筒ディーゼルターボエン ...