スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

世界初公開まであと少し。最後の?ティーザー画像が公開! 先日、ランボルギーニの最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」のネームプレートが公開されましたが、今回でおそらく最後?のティーザー画像が公開されています。 今回公開されているのは、リヤエンジンフード周りとシャークフィン、大型リヤウィングの ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

早くも「アヴェンタドールSVJ」のレビュー動画解禁 ランボルギーニの最終ハードコアモデルで、ニュルブルクリンクにて市販車最速記録となるポルシェ「911GT2RS」の6分47.3秒をあっさりとクリアし、更には正真正銘の公道最速モデルとなるマクラーレン「P1 LM」の6分43.22秒の記録も塗り替えてい ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

まとまりのあるカスタム「アヴェンタドール」登場 RevoZportが、ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」専用のパフォーマンスキット「アヴェンタドールLaMotta」を世界初公開。 今回公開されている「アヴェンタドールLaMotta」は、フロントスプリッターやカスタムボンネット、 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

「アヴェンタドールSVJ」の最速記録の瞬間をオンボードカメラにて公開 昨日、ランボルギーニの最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」が、ドイツ・ニュルブルクリンクでのラップタイムを6分44.97秒にて更新し、ポルシェ「911GT2RS」の記録である6分47.3秒を正式に上回ったことをお伝えしま ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

空力特性も優秀な「アヴェンタドールSVJ」 ランボルギーニの最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」が8月に発表を控え、これまで3つのティーザー映像が公開されてきましたが、今回は”最良の”空力特性を示すティーザー映像と、ニュルブルクリンクサーキットでのラップタイムに関する情報が公開されています ...

スーパーカーメーカ, 欧州メーカ, >フィアット/アルファロメオ, >ランボルギーニ

当ブログ史上最も低コストに抑えた「アヴェンタドール」のレプリカが登場 ブラジル人オーナーのEdmar Souza Goulart氏が、2002年式のフィアット「ウーノ」をランボルギーニ「アヴェンタドール」風に改造し、大きな話題を呼んでいます。 Edmar Souza Goulart氏は、根っからのラ ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

「アヴェンタドールSVJ」ティーザー映像第三弾公開! 以前、ランボルギーニの最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」のティーザー映像第二弾が公開され、「ディアブロGTR-S/ウラカン・ペルフォルマンテ」にしか採用されていないゴールドのエンジンカバーや、パワーウェイトレシオ比が2kg/psを切る ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

「アヴェンタドールSVJ」ティーザー映像第二弾公開 8月にデビューが確定しているランボルギーニの最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ(Super Veloce Jota)」。 先日のニュルブルクリンクにて、ポルシェ「911GT2RS」の6分47.3よりも速い6分45.2秒を記録した究極のロー ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

世界に一台の「ウラカン・ペルフォルマンテ」。その存在感は別格 ランボルギーニのモータースポーツ部門である「ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ」のシンボルマークであるトリコロールファイティングブルを描く最強のチーム「THE EMPEROR Racing」の、世界に1台しか存在しないワンオフ特別仕様モデ ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ランボルギーニの第4モデルは一体どうなる? ランボルギーニは以前、2025年から2030年の間に「アヴェンタドール/ウラカン/ウルス」に次ぐ第4のモデルを追加する計画を発表しましたが、これに加えて同社CEOのステファノ・ドメニカリ氏が「新たなランボルギーニモデルが2020年代半ばまでに登場する可能性 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

「ウラカン」僅か4年で販売台数10,000台に到達 昨年の10月、ランボルギーニはこれまで販売してきたエントリーモデルのV型10気筒エンジンを搭載する「ウラカン」(2014年販売スタート)と、フラッグシップモデルのV型12気筒エンジンを搭載する「アヴェンタドール」(2011年販売スタート)が、それぞ ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

正式にV10/V12NAにハイブリッド搭載へ ランボルギーニは以前、同社テクニカルディレクターのMaurizio Reggiani氏より「ウラカン/アヴェンタドールの次期モデルには、ダウンサイジングターボを採用せずに従来通りV10NA/V12NA+電気モータのハイブリッドパワートレインを採用する」と ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ランボルギーニの成長はまだまだ止まらない ランボルギーニが、2018年半期(1月~6月)の販売台数を発表。 今年上半期の販売台数は2,327台を達成し、この記録は2013年の”年間”販売台数となる2,121台を上回る結果となり、恐らく今年の年間販売台数も前年を大幅に上回る記録を作ることになるでしょう ...

スーパーカーメーカ, リコール関連, >ランボルギーニ

アメリカにて納車されているランボルギーニにリコール ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドール」等にリコール。 リコール内容によると、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン&7速シングルクラッチトランスミッションを搭載するモデルに関して、低回転から自動的にダウンシフトするときに突如 ...