スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

過激すぎる「ウラカン」が登場 オーストリアのWortherseeツアーにて、何とも過激すぎるリバティーウォーク仕様のランボルギーニ「ウラカン」が登場。 実用性を完全無視した車高短仕様(エアサス搭載)と、強烈なワイド感を引き出す外付けリベット留めのオーバーフェンダー、CFRP製の過激なフロントスプリッ ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

またまた過激な「ウラカン」現る イタリアのハイパフォーマンスチューナ・TR3パフォーマンスが、ランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」を過激カスタム。 TR3パフォーマンスは、「ウラカン」に加わる”より多くのパワーとトルク”を発揮するには、社外ホイールメーカのADV.1極太ホイールが最適だと説明 ...

その他, スーパーカーメーカ, 米国メーカ, >シボレー, >ドラッグレース関連, >ランボルギーニ

帝王に敗れしものたちのバトル 先日、ドラッグレースの帝王でお馴染みのマクラーレン「720S」に挑んだランボルギーニ「ウラカン」とシボレーのハードコアモデル「コルベットZR1」。 両車ともに帝王にケチョンケチョンにされてしまい大敗を喫してしまったモデルではありますが、今回のドラッグレースでは、その大敗 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

10周年を記念する特別なレーシングモデルが登場 ランボルギーニのハイパフォーマンスレーシングモデル「ウラカン・スーパートロフェオEvo 10thエディション」が世界初公開。 この個体は、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセとR&D部門の共同開発によって登場したもので、インターコンチネンタル・ワンメイク ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

究極に過激な「ウラカン」が降臨 主にマクラーレンやメルセデスベンツAMGを過激カスタムしてきたPriorデザインが、今回はかなり珍しくもランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」を過激カスタム。 Priorデザインは、2016年にも一度だけ「ウラカン」のカスタムキットを公開していましたが、今回過去 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

世界に一台の「ウラカン・ペルフォルマンテ」。その存在感は別格 ランボルギーニのモータースポーツ部門である「ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ」のシンボルマークであるトリコロールファイティングブルを描く最強のチーム「THE EMPEROR Racing」の、世界に1台しか存在しないワンオフ特別仕様モデ ...

その他, スーパーカーメーカ, >ハプニング関連, >ランボルギーニ

イベントならではの有り得ないハプニング アメリカ・フロリダ州のキーウェストにて開催されたAutoprideイベントより、様々なスーパーカー達がパレードランをしているとき、ブラックのランボルギーニ「ウラカン」に乗っていた男性が、パレードランの渋滞を利用して(相当感情もハイになっていたのか)そのまま「ウ ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ランボルギーニの第4モデルは一体どうなる? ランボルギーニは以前、2025年から2030年の間に「アヴェンタドール/ウラカン/ウルス」に次ぐ第4のモデルを追加する計画を発表しましたが、これに加えて同社CEOのステファノ・ドメニカリ氏が「新たなランボルギーニモデルが2020年代半ばまでに登場する可能性 ...

その他, スーパーカーメーカ, >ドラッグレース関連, >マクラーレン, >ランボルギーニ

「ウラカン」リベンジに燃える 以前、ランボルギーニのエントリーモデル「ウラカン」が、ドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」とのドラッグレースバトルに挑みケチョンケチョンにやられてしまいましたが、今回はちょっとしたハンディを頂いてのリベンジマッチ。 ランボルギーニ「ウラカン」とマクラーレン「7 ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

「ウラカン」僅か4年で販売台数10,000台に到達 昨年の10月、ランボルギーニはこれまで販売してきたエントリーモデルのV型10気筒エンジンを搭載する「ウラカン」(2014年販売スタート)と、フラッグシップモデルのV型12気筒エンジンを搭載する「アヴェンタドール」(2011年販売スタート)が、それぞ ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

正式にV10/V12NAにハイブリッド搭載へ ランボルギーニは以前、同社テクニカルディレクターのMaurizio Reggiani氏より「ウラカン/アヴェンタドールの次期モデルには、ダウンサイジングターボを採用せずに従来通りV10NA/V12NA+電気モータのハイブリッドパワートレインを採用する」と ...

スーパーカーメーカ, >ランボルギーニ

ランボルギーニの成長はまだまだ止まらない ランボルギーニが、2018年半期(1月~6月)の販売台数を発表。 今年上半期の販売台数は2,327台を達成し、この記録は2013年の”年間”販売台数となる2,121台を上回る結果となり、恐らく今年の年間販売台数も前年を大幅に上回る記録を作ることになるでしょう ...

その他, スーパーカーメーカ, >ハプニング関連, >ランボルギーニ

何とも悲惨すぎる「ウラカン・ペルフォルマンテ」の炎上 アメリカにて開催されたゴールドラッシュラリーのイベント中、ミズーリ州のセントルイスを経由してガソリンスタンド(Mobil)にて給油していたブルーカラーのランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」が大炎上し、完全廃車となる事故が発生。 火災の原因 ...

スーパーカーメーカ, 事故関連, >ランボルギーニ

高齢ドライバにありがちなアクセルとブレーキの踏み間違い事故が発生 先日の金曜日、アメリカ・シカゴにて、ランボルギーニ「ウラカン・スパイダー」がアクセルとブレーキを踏み間違えてしまい、ホンダ「シビック」の後ろから突っ込んでしまう事故が発生。 事故を引き起こした「ウラカン・スパイダー」のドライバの説明に ...