米国メーカ, >テスラ

アメリカの100%電気自動車メーカであるテスラが、業界発となるEVタイプの大型トラック「セミ(Semi)」の開発を進めていますが、このトラックの最大航続可能距離が805kmではなく966kmにスペックアップする可能性が高いと説明。 テスラ「セミ(Semi)」は、当初のスペック資料にて、航続可能距離4 ...

車関連

4月24日(火)アメリカ・ミシガン州の州間高速道路696号線のクルリッジ付近にて、上の写真の通りブリッジから高速道路に侵入し自殺しようとした男性を救うため、トラック達13台が往復路を完全ブロックする事案が発生。 警察当局によると、複数台のトラックが走行中に橋の上から男性が下りてきて、そのまま高速道路 ...

車関連

一昨日の月曜日、パキスタンのとある狭い砂利道にて、大型トラックが神がかったクレイジーUターンを披露。 この動画を投稿したOrya Maqbool Jan氏によると、舗装されていない対面通行ギリギリの道を走行していた大型トラックが、何を思ったのか途中でUターンを開始。 ハンドルを何回も切りながら車体を ...

車関連

2018年を迎えたばかりの現代から、更に1,000年後に登場するであろう未来のコカコーラ・クリスマストラックのレンダリング画像が公開に。 このレンダリング画像には、バック・トゥ・ザ・フューチャーに登場する「デロリアン」を飛行可能にする装置"ホバー・コンバージョン"を取付けられていることが確認できます ...

スーパーカーメーカ, 欧州メーカ, >ケーニグセグ, >ボルボ

ボルボの大型トラック(トレーラー無し)と、ケーニグセグ「アゲーラ」の究極モデル「One:1」がまさかのスピードレース勝負するという動画を公式サイトのボルボ・トラックが公開に。 正直、これは見るまでもなく圧倒的にケーニグセグ「One:1」が速いことはわかっているのですが、なぜかこの動画では「One:1 ...

その他, >ハプニング関連

東京外環自動車を走行中に撮影された動画がTwitterにて大きく話題に。 こちらの動画、目の前を走行中のトラック2台が、周り等全く気にせず、"譲り合いの精神"どころか、"譲り合わない精神"丸出しのカーチェイスのようなことをし出す迷惑行為に。 一体なぜこのようなことになってしまったのかは不明ですが、前 ...

事故関連, 車関連

アメリカ・オハイオ州にて、I-75という高速道路にて、燃料タンクを積んだトラックが中央レーンに突っ込んでしまうという大事故が発生。 この事故により、車体が炎上してしまい、更には燃料タンクから燃料が大量に漏れてしまい、大爆発するという事態に。 不幸にも、この大爆発の事故により、中に閉じ込められていたド ...

スーパーカーメーカ, >マクラーレン

先日、スイス・ジュネーブモーターショー2017にて公開されたばかりのマクラーレン「720S」をレーシングトラック風にしたレンダリング画像が公開に。 今回、このレンダリング画像を手掛けたのはKhyzyl Saleem氏で、過去にフェラーリやランボルギーニとスーパーカーのレンダリングも作成していましたね ...

車関連

「アンパンマン号」検挙→積載 以前の記事より、何かと大きな話題となっていた高知県産の実車モデル「アンパンマン号」。 その「アンパンマン号」が警察により検挙されたことをお伝えしましたが、儚くも実際に大型トラックに積載され、運ばれていく姿が目撃されています。 ▽▼▽関連記事▽▼▽ 【悲報】実車「アンパン ...

欧州メーカ, >ボルボ

ボルボの市販トラックにて750トンものコンテナたちをけん引するというとんでもない動画が公開に。 この動画にて登場する、スウェーデン出身のマグナス・サミュエルソン氏が、この神業に挑戦するとのことですが、彼はもともと1998年にワールド・アームストロンゲストマンにて優勝したアスリート。 更には、FIA世 ...

>ハプニング関連

イギリスはシェンストンにて走行していた車両が、歩行者の奇跡的な神回避をするいう驚異的な動画。 右折しようとしていたトラックの荷台の後端が、犬の散歩中の女性の頭を後方から直撃しようとした次の瞬間、女性がまるでマトリックスのように見事に回避。 日常生活において、このような予測不能なことが当たり前のように ...

事故関連, >ハプニング関連

カナダにて、冬の雪道を乗用車が走行中、合流車線から合流してきたトラックに乗っていた雪の塊が落下し、その落下した塊が乗用車のフロントガラスにヒットし、粉々になってしまうというハプニングが発生。 全く持って良い迷惑な被害ですが、幸いこの乗用車に乗っていた夫婦は無傷で、無事路肩に停めることができたとのこと ...

事故関連, 車関連

中国にて、何とも過積載過ぎるトラックが目撃されました。 画像から確認できるように、これは過積載の域を超えていますね。 いつ右方向に倒れこんでもおかしくないような偏った積み込み方で、歩行している人の横を普通に通り過ぎていますが、歩行者は全く動じていないですね。

車関連

某国にて、何とも手作り感が半端ない、木製の橋が目撃。 普通に人が渡るだけのボロボロな橋かと思いきや…トラックが平然と走ってきて、何事もなかったかのように渡っています。 しかも驚くのは、トラックが渡った後、さらにもう一台トラックが渡るという。 この橋は普段使いされている橋なのかもしれないですね。