リコール関連, 日本メーカ, >トヨタ/レクサス

~既に火災事故が発生している「レガシィ」~ スバルは、「レガシィ(BE/BH系)」1車種・計33,181台を国土交通省にリコールを届けていたことがわかりました。 リコールの内容としては、コンビネーションメータにおいて、回路構成が不適切なために車室内が長い間湿気にさらされると、メータ基板で結露が発生し ...

日本メーカ, >スバル

~「レガシィB4」の国内生産は終了するも販売は今のところ検討中~ スバルのセダンモデルとなる「レガシィB4」が、2020年秋頃を目途に国内生産を終了することがわかりました。 近年はSUVやクロスオーバー人気が続き、反対にセダン人気は一気に低迷が続いたことがきっかけとなったことから生産終了となりますが ...

日本メーカ, >スバル

新型「レガシィ」が遂に世界初公開。驚くほどの品質向上で競合も油断できない! 先日より開催中のアメリカ・シカゴモーターショー2019にて、スバルの2020年新型モデル「レガシィ(Legacy)」が遂に世界初公開されました(販売時期は今秋を予定)。 今回公開されているモデルは、現行モデルよりも優れた技術 ...

日本メーカ, >スバル

遂に新型「レガシィ」がシカゴオートショー2019にて世界初公開! いよいよ来週の2月7日より開催するアメリカ・シカゴオートショー2019にて、スバルの全く新しい2020年モデルとなる新型「レガシィ・セダン(LEGACY Sedan)」が世界初公開されますが、その前にインテリアデザインを示すティーザー ...

リコール関連, 日本メーカ, >スバル

走行中に急停車する恐れも?! 自動車ニュースサイト・Responseより、スバル「レガシィ」にリコール。 リコールの内容としては、電動パーキングブレーキに不具合があるとのことで、電動パーキングブレーキのコントロールユニットにおいて、部品製造時の基板取扱いやセンサ部品の構造および製造時の管理が不適切な ...

日本メーカ, >スバル

次期「レガシィ」のデザインはこうなる? スバルのミドルサイズ4ドアセダン「レガシィ」の2020年モデルが、来年2月のシカゴ・オートショー2019、もしくは3月のニューヨーク・オートショー2019までに登場すると予想され、既に何度か開発車両も目撃されていますが、今回その新型「レガシィ」の予想レンダリン ...

日本メーカ, >スバル

スバルの2019年4ドアセダン・モデル「レガシィ」と思わしき開発車両(初期型)をキャッチ。 2017年にB4とアウトバックのマイナーチェンジが行われて以降、スバルの中型セダンの開発は進行しないのでは?とも囁かれてきましたが、意外にも2020年までにフルモデルチェンジないしはマイナーチェンジモデルの「 ...

リコール関連, >スバル

自動車ニュース"Response"の記事より、中国仕様のスバル「レガシィ」等の4車種がリコール。 リコールの内容としては、タカタ製のエアバッグのインフレータ(膨張装置)の不具合が原因で、ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた恐れがあるとのこ ...