欧州メーカ, >BMW

エントリーモデルだからこそ充実した装備で登場 BMWの次世代エントリークロスオーバーモデル「X1」の開発車両がキャッチされています。 2015年より第2世代モデルが登場してから約3年が経過していますが、次世代モデルでは、快適性やユーティリティ性、技術性が大きく重要視され、競合モデルといわれるアウディ ...

リコール関連, 欧州メーカ, >BMW

イギリスにて販売されたBMW「1シリーズ/3シリーズ」等が30万台を超える大量リコール。 リコールの内容としては、バッテリーに不具合があるとのことで、バッテリーの供給不足によりパワーステアリングやパワーブレーキ、エアバッグが意図したとおりに動作しなくなり、更にはハザードランプのON/OFFすらも作動 ...

リコール関連, 欧州メーカ, >BMW, >ミニ

自動車ニュース"Response"の記事より、BMWやミニが1万台を超える大量リコール。 リコールの内容としては、取扱説明書の記載不備によるもので、「i-Size(アイサイズ)チャイルドシートの座席位置別適合性一覧表」が記載されていないため、保安基準に適合していないとのことですが、チャイルドシート固 ...

リコール関連, 欧州メーカ, >BMW

自動車ニュース"Response"の記事より、BMW「X1シリーズ」がリコール。 リコールの内容としては、助手席エアバッグの不具合によるもので、ダッシュボードの製造が不適切なため、助手席側エアバッグの開口部が正しく加工されていないものがあるとのこと。 そのため、衝突時にエアバッグが正常に展開せずに最 ...

リコール関連, >BMW

自動車ニュース"Response"の記事より、BMWの6車種が中国にてリコール。 リコールの内容としては、タカタ製エアバッグのインフレータ(膨張装置)の不具合が原因で、ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性があるとのこと。 これにより ...