スズキ・パレット/ワゴンR/アルト/ソリオやジープ・ラングラーなど約120万にリコール。エンジン始動不良となる恐れアリ

約118万台がエンジン始動不良となる恐れアリ

スズキ・パレット/ワゴンR/アルトラパン/アルト/MRワゴン/ソリオの6車種・計1,85,398台にリコールという名のサービスキャンペーンを届け出しています。

不具合内容としては、プッシュスタート仕様車に搭載される電動ステアリングロックの製造工程が不適切なため、電動ステアリングロック内部に塗布しているグリスの油分がモータ内に浸入することがあるとのこと。

モータ内の摩耗粉が油分と混ざって堆積し、モータが内部短絡するため、モータのトルクが低下し、ステアリングロックが解除されず警告灯が点灯すると共にフェイルセーフ機能が働いてエンジン始動不良になるおそれがあるとして国土交通省に届け出しています。


対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故や不具合に関する報告は無いものの、市場からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[パレット]
・DBA-MK21S/MK21S-100049~MK21S-444630/平成20年1月9日~平成25年2月26日/239,534台

・DBA-MK21S/MK21S-710006~MK21S-810230/平成22年7月26日~平成25年2月22日/6,645台

・DBA-MK21S/MK21S-950007~MK21S-972984/平成22年7月26日~平成25年2月26日/20,377台

・CBA-MK21S/MK21S-501539~MK21S-660197/平成20年1月9日~平成25年2月22日/40,581台

・CBA-MK21S/MK21S-820030~MK21S-850893/平成21年9月1日~平成25年2月22日/18,337台

[ワゴンR]
・DBA-MH23S/MH23S-100082~MH23S-393174/平成20年9月3日~平成22年11月12日/152,232台

・DBA-MH23S/MH23S-406001~MH23S-799832/平成20年9月16日~平成24年8月20日/238,929台

・DBA-MH23S/MH23S-860023~MH23S-995062/平成22年8月2日~平成24年8月10日/54,375台

・CBA-MH23S/MH23S-400013~MH23S-405366/平成20年9月3日~平成21年9月30日/5,184台

CBA-MH23S/MH23S-800053~MH23S-856370/平成20年9月16日~平成24年8月11日/49,021台

[アルトラパン]
・DBA-HE22S/アルト ラパン HE22S-100077~HE22S-419924/平成20年11月3日~平成25年6月3日/170,528台

・DBA-HE22S/HE22S-850020~HE22S-861007/平成22年8月2日~平成25年5月31日/4,008台

CBA-HE22S/HE22S-800058~HE22S-803812/平成20年11月3日~平成22年7月30日/3,666台

[アルト]
・DBA-HA25S/HA25S-700061~HA25S-896026/平成21年12月1日~平成25年2月19日/13,224台

[MRワゴン]
・DBA-MF33S/MF33S-100055~MF33S-619093/平成22年12月3日~平成25年7月1日/65,928台

[ソリオ]
・DBA-MA15S/MA15S-100122~MA15S-960140/平成22年12月22日~平成25年10月31日/102,829台

改善措置としては、全車両、電動ステアリングロックを点検し、対象車は電動ステアリングロックを対策品と交換するリコール作業を実施するとのことです。

ジープからも自動緊急ブレーキが勝手に作動するという問題が発生!気になるその詳細と対象モデルは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう