何かと話題となった栃木県警に寄贈されたレクサスLC500パトカーが初出動!警察官も興味津々…唸るV8エンジンと共に見ていこう【動画有】

こうしてクラウンと並べてみるとLC500のフロントフードはとにかく長いて低い

さてさて、2020年9月18日に有料老人ホーム「にこにこ川原田倶楽部」の会社役員で経営者でもある中村和男 氏から栃木県警へと寄贈されたレクサスLC500パトカーが大きな話題を呼びましたが、遂に初出動の動画が公開されています。

トヨタ・クラウンアスリート等と並べられたレクサスLC500の警察車両は圧倒的な存在感を持ち、そのスタイリッシュで攻撃的且つ長すぎるフロントフードは「えっ、これって日本の警察車両なの?」と思わせるほどに非現実的。

警察車両用にカスタムされた費用も含めての総費用は約1,740万円とのことで、この車を寄贈した中村和男 氏の熱い想いと拘りが見え、またこれを駆る高速機動隊たちも胸が躍ることは間違いなさそうですね(パトロールでは争奪戦となりそう…)。

ちなみにこの日は、2年前に寄贈された日産GT-R R35の警察車両は見られませんでしたが、このR35の警察車両も中村和男 氏によって寄贈されたもので、彼もおそらく相当な車好きなのではないかと予想されます。

LC500パトカーたちのサイレンやV8サウンドなどが堪能できる動画は、以下の次ンページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう