そのボディカラー名は「Viola Alhumaid」。UAEドバイのオーナーに納車された超希少なパープル&ワンオフ仕様のラ・フェラーリを見ていこう

そもそもパープルカラーのラ・フェラーリが世界に2台以上存在していることに驚き

これまでレッドやブラック、ホワイト、イエロー、ブルー、オレンジ、グリーンといった様々なカラーのラ・フェラーリ(La Ferrari)が登場してきましたが、今回はその中でもかなり希少で世界に一台しか存在しないワンオフ仕様のラ・フェラーリが登場。

その個体は、UAEドバイに存在するフェラーリの特注カスタマイズ部門「テイラーメイド(Tailor Made)」によって仕上げらたパープルカラーのラ・フェラーリで、そのボディカラー名称は「Viola Alhumaid」。

なおこのViola Alhumaidというカラーは、ドバイのオーナーであるFaisal Alhumaid氏の名前の一部を使った唯一のカラー。

日本人の名前を採用したフェラーリカラーも存在していますが、その有名処では「ブロンゾ・マサル」や「ビアンコ・サナエ」、そしてブガッティでは「ヒデト・ブルー」などがとても有名ですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


パープル以外にもカーボンブラックの使用比率も凄いこと

ちなみにパープルカラーのラ・フェラーリといえば、今回のViola Alhumaid以外にも、マレーシア王子が所有するラ・フェラーリもパープルカラーに設定されていて、そのカラーはもう少し暗めな印象。

改めて今回のワンオフ仕上げとなるラ・フェラーリを見ていくと、明るめパープル以外にもフロントスプリッターやインテークサラウンド、Aピラー、ミラーキャップ&アーム、ルーフ、サイドスカート、エンジンカバー、リヤバンパー、リヤディフューザーといったパーツは全てグロスブラックカーボンファイバーを使用し、これらだけで1,000万円近くのオプション費用が発生しているとのこと。

骨の髄まで徹底的に拘りまくったワンオフの仕様のラ・フェラーリ…一切妥協なき内装のデザインは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう