スーパーカーは今後更に買いにくくなる…?CO2排出量の多い車を対象に、フランスでは最大620万円の罰則金が課される恐れも

今後スーパーカーに対する風当たりも更に厳しくなっていくかもしれない

欧州市場では年々厳しくなっている環境法規制問題ですが、今回フランスにて高汚染車両と呼ばれるCO2排出量の多い車両に限り、新たな罰則金を設けることを検討していることが明らかとなりました。

現在フランス議会にある予算法案において、自動車業界が1990年から2030年にかけて55%のCO2排出量削減に取り掛かることの一つであり、消費者がCO2排出量の大きい車両を購入した場合、これに加えて約620万円(50,000ユーロ)の課税を支払わせることを計画しているとのこと。

これを報じたBloombergによると、今回の計画では1km辺り225gを超えるCO2を排出する車両に対し、2021年には最大500万円(40,000ユーロ)の税率課税、2022年には約620万円という形で徐々に税率をひきあげていき、将来的には車両本体価格の半分近くまで税率を高めていく可能性もあるかもしれません(考え方がちょっと台湾に近くになってきかたも…)。


わざわざメーカーと車名まで公表するあたり、フランスも徹底且つ前向きに進めていく模様

こうした環境法規制に引っ掛かる自動車メーカーとしては、ランボルギーニやフェラーリ、ポルシェ、ベントレー、ロールスロイス、メルセデスベンツといったスーパーカーからスポーツカー、更にはラグジュアリーカーメーカーと様々で、とにかく大排気量エンジンを搭載するモデルに関しては徹底的にペナルティの対象となる可能性が高くなると考えた方が良さそう。

しかもブルームバーグは、わざわざランボルギーニ・ウルス/アヴェンタドール、ポルシェ911/718スパイダー、ロールスロイス・ゴースト/カリナン、ベントレー・フライングスパー、メルセデスベンツAMG/Gクラス、フェラーリ・ポルトフィーノ・812スーパーファストと細かく車名まで名指しするほどですから、これに限らず環境法規制をクリアしないメーカーに対しての風当たりも厳しくなりそうですし、今後より一層スーパーカーが購入し難い時代となるかもしれません。

そんな中でなぜブガッティ等のフランスの自動車メーカーが名指しされなかったのかは不明ですが、決して地元メーカーに対して扱いを緩くするというわけではなさそう(…だと信じたい)。

スーパーSUV/ラグジュアリーSUVが売れに売れているからこそ大変な時期に来ている

なおフランスでは、各スーパーカーメーカーやラグジュアリーカーメーカーなどが積極的に販売しているSUVモデルの売り上げ増加に伴い、メーカーにとっては嬉しい悲鳴であっても、国にとっては環境法規制を更に促進させる難しいところにまで直面しているとのことで、これを如何にバランス良くし、メーカー側がハイブリッド/プラグインハイブリッド(PHV)、もしくはEVモデルをラインナップすることで食い止めていくかが重要になってくるとのことです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Bloomberg

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう