まさかのオフロードモデル?ポルシェ911(992世代)にオーバーフェンダー&リフトアップ仕様の”911サファリ”らしき開発車両が目撃に【動画有】

10年以上前から噂されていた911サファリが遂に復活か?

これまでカレラやターボ、タルガといった数多くの派生版が登場してきたポルシェ新型911(992世代)ですが、今回全く新しいオフロード(ラリー?)モデルと思われる開発車両がスパイショットされています。

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて目撃されている今回の新型911ですが、明らかに従来モデルとな異なる外付けオーバーフェンダー(多分発砲スチロール)が設けられていることから、恐らくはオフロードタイプを意識した新型911サファリ(Porsche New 911 Safari)だと思われ、若干のリフトアップに加えてラリーカーのようなアクティブな走りも提供する一台になるのではないかと予想されます。


見た目は置いといて、恐らく足回り等もある程度方向性が定まっていると予想

911サファリといえば、1970年代のサファリラリーに登場したキューネとナーゲル・カラーの2.7RSで臨んだ1974年が最後だったと記憶していて、その後2000年代には復刻版と言う形で911サファリが登場するといった噂が展開されるも、開発車両すら全く登場しないままでした。

そして今回、見た目はちょっとアレですが、ようやく開発車両なるものが登場しニュルブルクリンクサーキットを走行しているあたり、恐らくある程度足回りの構成は完了していると考えられ、あとはボディサイズがどれだけ拡大し、パワートレインは水平対向6気筒の自然吸気なのか、それともツインターボなのかが気になるところ。

注目したいのはオーバーフェンダーだけじゃない?足元のホイールやブレーキ関連など、気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう