あのフロイド・メイウェザーが所有していた世界限定2台のケーニグセグCCXRトレヴィータがリースできるぞ!但し月額約250万円、頭金は約6,800万円

最近ハイパーカーのリース契約が流行ってるのかしら?

ボクシングの元5階級制覇王者でお馴染みフロイド・メイウェザー・ジュニア氏が一時期所有していたとされる、世界限定2台のみ製造されたケーニグセグCCXRトレヴィータ(Koenigsegg CCXR Trevita)がリース契約できるとのこと。

CCXRトレヴィータは、先述の通り世界で僅か2台しか製造されていない超希少モデルで、その内の1台が南カリフォルニアのiLussoにて販売されているのですが、その中古販売価格が約3億円にも上るため、購入する以外のリースプラン「Luxury Lease Partners」を新たに開設したそうです。

但し月々の支払いはコンパクトカー1台分、頭金はランボルギーニ・アヴェンタドールSVJロードスター1台分

具体的な支払プランとしては、60か月間(5年)契約の頭金として約6,000万円を支払い、月々 約250万円のローンを支払うことになるわけですが、単純計算で考えると約250万円×60か月=1.5億円と頭金6,000万円で、約2.1億円を支払った後にディーラーに返却するという”何も残らない”衝撃的なプランになっているため、果たしてリース契約するユーザーが登場するかは不明。

”経費を使わなければならない”という方にはおススメ?

以前、ブガッティ・シロン・スポーツ(Bugatti Chiron Sport)のリースプランが存在することをご紹介し、頭金 約3,750万円、3年(36か月)契約だと月々 約550万円(52,196ドル)、2年(24か月)契約だと月々 約690万円(65,950ドル)というとんでもないプランで、しかも月々の走行距離は4,023km(2,500マイル)と制限されているため、完全に「節税目的(経費をひたすら使うことのみに特化)」のために生み出されたプランなのではないかと思われます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

CCXRトレヴィータってそんなに高価なクルマなの?具体的なスペックは?投機目的としてはアリ?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう