カーメディアがフルモデルチェンジ版・トヨタ新型ミライ(MIRAI)の「価格判明」と記載→記事を見てみると「残念ながら正式発表はまだ先」

ベストカー含め、「価格判明」という見出しには今一度注意した方が良いかもしれない

いよいよ2020年12月9日により発表・発売スタート予定となっている、トヨタのフルモデルチェンジ版・新型ミライ(Toyota New Mirai)ですが、公式自動車メディア・MOTA【新型ミライの価格判明! デキはレクサス以上の予感】というタイトル記事を公開しています。

この見出しを見ると、「おっ、ついに新型ミライの価格帯が明確になったのか見てみようかな」と考えるため、特にトヨタのラインナップモデルや新型ミライが気になる方はアクセスする可能性が高いんですね。

しかしながら、いざ記事の中身を見てみると価格が判明している文は一切無く、一段落目の最後にいきなり「予想価格」と見出しと異なる内容が記載されています(この時点でタイトル詐欺)。


記事の中身には価格の数字すら記載されていない

そして新型ミライに関する記事を見ていくと、その記事の中身はトヨタが過去にプレスリリースした内容をそのまま文章にまとめているだけで、何ら目新しいものはなく、グレード展開の詳細すら記載できていないレベル。

そして最も気になるであろう新型ミライの価格ですが、上の赤の下線を見ての通り「気になる価格だが、残念ながら正式発表はまだ先。」と、記事タイトルと全く異なる内容が記載されています。

流石にこの内容は悪質レベルで、いかにも釣りタイトルでアクセスだけ集めて、更に価格に関する内容を最後に持ってくることで記事閲覧者の滞在時間を意図的に伸ばして広告単価を伸ばそうという考えが丸わかり。

こうした「価格判明!」と大袈裟に記載したタイトル詐欺は、MOTAだけでなく自動車情報誌ベストカーも全く同じ手法を使っていますが、あまりにも露骨なものが多かったり個人ブログの予想価格をパクったりで、バッシングがあってからは少しずつ改善されている模様。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ただ、こうして一つの記事の評価を大幅に下げるようなタイトルと、中身が全く異なる記事を作成してもYahoo!等のトップに掲載されるところは、企業の強いところである一方、Yahoo!を利用した悪質さとカーメディアの怠慢さが見えたのが正直なところ。

自動車メディアMOTAは以前から記事に問題あり?新型ミライのグレード別主要装備のおさらいは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう