【価格は約316万円から】2021年モデル・(英)マツダ新型CX-5が発売スタート!750台限定の特別仕様車Kuro Edition(クロ・エディション)も登場

内外装デザインは一切変化ないものの、それでも毎年の商品改良で売れ続けるマツダは凄い

マツダのイギリス部門が、2021年モデルとなる一部改良版・新型CX-5を世界初公開しました。

今回発表された新型CX-5では、フラッグシップモデルとなるMAZDA6にも採用の排気量2.5L 直列4気筒SKYACTIV-Gエンジンを搭載し、最高出力194psを発揮する最上位グレードGT Sportを準備。

更に気筒休止技術や、6EC-ATを介した四輪駆動(AWD)が標準装備されるのも大幅改良のポイントとなります。


最上位グレードの追加以外は、特に大きな商品改良は無し

この他、マツダ・イギリスにてラインナップされる新型CX-5では、排気量2.0L 直列4気筒SKYACTIV-Gがベースモデルとなり、最高出力165psを発揮、トランスミッションは6速MT/6EC-ATの2種類から選択可能となります。

一方でクリーンディーゼルモデルとなるSKYACTIV-D(最高出力150ps/184ps)も設定される予定ですが、今回このグレードの価格帯は明確になっておらず、後日遅れて公開される予定とのことです。

イギリス市場限定750台のみとなるKuro Editionが追加!

そして今回の一部改良にて最も注目したいグレードが、SE-Lをベースにした特別仕様車Kuro Edition(クロ・エディション)で、イギリス市場限定750台のみが販売されます。

パワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒SKYACTIV-Gを搭載し、最高出力165psを発揮、ボディカラーはソウルレッドクリスタルかポリメタルグレーメタリックの何れかからの選択となり、ブラックのサイドミラーキャップと19インチブラックアルミホイールが標準装備となります。

インテリアについては、レッドのカラードステッチが縫合されたブラックのハーフレザレットシートを標準装備とし、運転席側のみ電動パワー調整が可能で、フロントシートヒーターも完備。

ダッシュボード上部に設けられたナビゲーションディスプレイも10.25インチとなる新世代マツコネが標準装備となっているのも嬉しいポイントだと思います。

新型CX-5のグレード別価格帯は?

最後に気になる新型CX-5のグレード別価格帯は以下の通りとなりますが、先述にもある通り、ディーゼルグレードは後日遅れて発表される予定とのことです。

【2021年モデル・新型CX-5グレード別価格帯一覧(イギリス価格)】

[SKYACTIV-G 165ps]
・SE-L:[2WD]約316万円
・SE-L Auto:[2WD]約335万円
・Sport:[2WD]約353万円
・Sport Auto:[2WD]約372万円
・GT Sport:[2WD]約381万円
・GT Sport Auto:[2WD]約400万円
・Kuro Edition:[2WD]約345万円
・Kuro Edition Auto:[2WD]約364万円
・100th Anniversary Edition:[2WD]約401万円

[SKYACTIV-G 194ps]
・GT Sport Auto:[AWD]約427万円

[SKYACTIV-D 150ps]
・SE-L:[2WD]不明
・SE-L Auto:[2WD]不明
・Sport:[2WD]不明
・Sport Auto:[2WD]不明

[SKYACTIV-D 184ps]
・Sport:[2WD]不明
・Sport Auto:[2WD]不明/[AWD]不明
・GT Sport:[AWD]不明
・GT Sport Auto:[AWD]不明

☆★☆マツダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう