ベストカー「フルモデルチェンジ版・レクサス新型NXが2021年5月に発売」。レクサスディーラー「そんな話は来ていない。これが本当なら既に概要資料が来ている」

新型NXはレクサスの主力モデル、半導体の供給不足も影響して長納期待ちになることも考えられる

いよいよ2021年内に発表・発売と噂のフルモデルチェンジ版・レクサス新型NXですが、このモデルが2021年5月に発売するとの噂が浮上しています。

自動車情報誌ベストカーの報道によると、新型NXはトヨタ新型RAV4/新型ハリアー(Toyota New Harrier)と同じTNGA-Kプラットフォームを採用しつつ、ボディサイズは現行モデルに比べてワイド&ロースタイル、パワートレインも一新してRAV4 PHVと同じプラグインハイブリッドモデルが遅れて発売されるとのこと。

なお新型NXの具体的なボディサイズとしては、全長4,630mm×全幅1,870mm×全高1,630mm程度になるとのことで、RAV4とハリアーの中間的なサイズに落とし込みつつ、全幅+30mmワイド化することでスポーティな印象を与えるそうです。


レクサスディーラー「2021年5月に発売との正式なアナウンスは来ていない

なお今回の情報を頼りに、いつもお世話になっているレクサスディーラーに2021年5月に新型NXが登場するかについて確認したところ、「メーカーからは2021年5月に発売されるとの連絡は来ていない」との回答で、「もし5月に登場するのであれば、2月の時点で新型NXの概要資料が配信されていて、具体的な販売までのスケジュールも出ているはず」と付け加えていました。

それでは新型NXは「いつごろ発売するのか?」ですが、別のレクサスディーラーから確認したとタレコミを頂いた方々からの情報ですと、2021年9月頃が濃厚とのこと。

パワートレインなどの詳細な情報については、まだまだ明確な情報は出ていないものの、ベストカーによれば新型RAV4/ハリアーと同じ排気量2.0L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジンを搭載するガソリンモデルと、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデル、そして新開発となる排気量2.4L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力300ps程)を搭載するガソリンモデルの3種類が先行して販売されるとのこと。

レクサスは既に北米市場向けに4グレードを商標名称を登録済み。気になるそのグレードとは?日本ではどういったグレードが販売される?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう