遂に来た!日産・新型アリアのテスト走行動画が世界初公開!ボディカラーはパールホワイト、先進的な内装もチェックできるぞ!【動画有】

そろそろ新型アリアに関する最新情報がディーラーに配信されるかも?

2021年夏頃以降に発売予定となっている日産の新世代ピュアEVクロスオーバー・新型アリア(Nissan New Ariya)ですが、遂に日産公式YouTubeチャンネルにて走行性能テスト動画が公開されています。

既に日本国内でも多数スパイショットされている新型アリアの開発車両(テストカー)ですが、今回日産公式からこのような動画が公開されるということは、もしかすると近日中に本モデルに関する詳細な情報が日産ディーラーにて展開されるかもしれませんね。

早速新型アリアの走行性能テスト動画をチェックしていきましょう。


テスト走行用の新型アリアの仕様はこうなっている

こちらが今回、日産公式動画にて公開されている新型アリアの開発車両。

ボディカラーはパールホワイト系で、おそらく日本市場向けでいうところのブリリアントホワイト・パールに相当するものと予想されてます。

そしてトップルーフのシャークフィンアンテナが1個だけであることから、新型ノートe-POWERと同じプロパイロット(ProPilot)1.0を搭載していることが確認できます。
※シャークフィンアンテナが2個設けられていると、V37スカイラインと同じハンズオフ機能を搭載するプロパイロット2.0となる。

▽▼▽関連記事▽▼▽

駆動方式については明らかになっていないものの、雪道でのテスト走行も併せて実施していることを考えると四輪駆動(4WD)モデルだと予想。

なお参考までに、新型アリアのグレード別スペックは以下の通り。

【新型アリアのスペック一覧】

[65kW仕様]
システム総出力:218ps(2WD)/340ps(4WD)
最大トルク:300Nm(2WD)/560Nm(4WD)
0-100km/h加速時間:7.5秒(2WD)/5.4秒(4WD)
航続可能距離:最大450km(2WD)/最大430km(4WD)

[90kW仕様]
システム総出力:242ps(2WD)/394ps(4WD)
最大トルク:450Nm(2WD)/600Nm(4WD)
0-100km/h加速時間:7.6秒(2WD)/5.1秒(4WD)
航続可能距離:最大610km/最大580km(4WD)

その姿は近未来的なコンセプトカーそのもの

基本的にはキープコンセプトとなる新型アリアですが、これまで公開されてきたのがブロンズ系の暁カッパーやブルー系だったので、パール・ホワイト系が何とも新鮮ですし、膨張色というのもあってかなりボリューミーに見えますね。

もう少し間近で見ていきましょう。

ヘッドライトは三眼LEDを搭載し、その直下の”へ”の字はLEDデイタイムランニングライトと、流れるタイプのシーケンシャルウィンカーが反転する仕組みとなっています。

あとルーフレールは、ボディカラーとは異なるブラック系にペイントされていますね。

遂にインテリアも公開されたぞ!

そしてチラッとだけ公開された新型アリアのインテリア。

運転席からセンターインパネに向けてワイドに広がるディスプレイが何とも印象的且つ先進的で、特に運転席のフルデジタル液晶メーター(12.3インチ?)は、これまで登場してきた新型ローグ(New Rogue)/キャシュカイ(New Qashqai)/ノート・オーラ(Note Aura)とは異なるアニメーションにも見え、この点はもしかするとアリア専用にアップデートされているのかもしれませんね。

あとはインパネ部分のエアコン関連?はタッチパネル(静電式)で、その直下にはバイワイヤ式のスライド式シフトを搭載しています。

なお参考までに、コンセプトモデルとして登場した新型アリアのインテリアと見比べてみると、基本的なレイアウトやデザイン言語などは同じだと考えられ、「よくコンセプトモデルからほぼ変更せずにここまで仕上げてきたな…」と感心するばかり。

価格帯としては、国からの補助金も考慮すると約500万円からと報じられていますが、最上位グレードともなると800万円以上となる可能性も高そう。

上の画像にもある通り、サンルーフなどがオプションになるのか(日産お得意の抱き合わせオプションで一気に価格帯をアップさせてくる?)は明確ではないものの、ピュアEVクロスオーバーの注目度は今後間違いなく高くなってきますし、国産メーカーとしてリーフ(Leaf)に続いて先陣を切るモデルになることは間違いないですから、今からでもかなり期待の持てる一台ではないかと考えています。

【#アリア​ のドライビングを作る 走行性能評価テスト】

日本国内の公道にてスパイショットされている新型アリアの開発車両とは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう