フルモデルチェンジ版・スバル新型BRZを過激カスタム!シャコタン&ワイドボディは定番化しつつ、今後もこういったレンダリングは増えそうだ

新型BRZ/GR86はカスタム映えするモデルでもある

いよいよ2021年内より発表・発売予定となっているスバルのフルモデルチェンジ版・新型BRZですが、今回久々にシャコタン&ワイドボディキット化したカスタムモデルをイメージするレンダリングが公開。

2020年11月18日に発表されて以降は、STI風やトヨタ新型GRスープラ風、シューティングブレーク風、オーバーフェンダー装着モデルといった様々な派生レンダリングが公開され、おそらく実車が発売されて以降も様々なアフターパーツメーカーがデモカーとして多数のキットを発表することになりそう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回公開されているレンダリングは、これまで国産スポーツモデルにてカスタムされてきた要素が多く取り入れられたユニークなモデルに仕上げられています。


シャコタン&ワイドボディ化された新型BRZを見ていこう

コチラが今回公開された新型BRZのカスタムイメージレンダリング。

レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのhugo silva氏で、国産スポーツモデルをメインに様々なシャコタン&ワイドボディモデルを作成しています。

ボディカラーは何ともド派手なオレンジ系で、フロントバンパーやフェンダー周りまで全てワイドボディキットへと移植された過激な一台に。

どことなく映画ワイルド・スピードにて登場した、ブライアン・オコナー仕様の80スープラに似てなくもないですが、ボディサイドにはド派手なデカールが貼付されていないところは控え目?

この他にも、TSスタイルのカーボンファイバーボディキットやトップシークレット風のカスタムなど、様々な要素取り込んだような”オマージュ”風にも見える不思議さ。

なお今回公開されているのは、あくまでも実在しない3Dイメージレンダリングではあるものの、SEMAショーや東京オートサロン、大阪オートメッセといったカスタムカーショー向けに登場する可能性も高そう。

それにしても、車高の低さがかな目立ちますが、足もとには20インチの大口径アルミホイールに低扁平タイヤを装着し、フロント・リヤ共に深リムでアグレッシブ。

フロントリップ部分はカーボンファイバー製で、走行するたびに腹下をガリガリ擦りそうな印象も。

あとはフロントフードのルーバー部分も全てカーボンファイバー製とのことで、ワイドボディキット一式だけでもう一台BRZが購入できるかもしれませんね。

過激カスタムされた新型BRZのリヤビューもインパクト大!この他にもトヨタ新型GRスープラのシャコタン&ワイドボディモデルも…気になる続きは以下の次のページにてチェック!