これは酷い…辰巳PA入り口前の首都高速道路にトヨタ・アルファード/ヴェルファイアを停車→命の危険性よりもインスタ映えを狙った悪質な画像が投稿される

まだまだ危険且つ悪質なインスタ投稿が収まることは無さそう

以前、鹿児島県のフェリーターミナル付近にてシャコタン+改造された軽自動車を公道上にて停車させ、無許可で撮影している動画が拡散され炎上し、他にも首都高速道路のトンネル内にてトヨタ86を停車させてインスタ映えを狙った危険すぎる写真が投稿されるなど、命の危険性を感じる悪質な写真が投稿され問題になっています。

そして今回も、首都高速道路・辰巳PA入り口手前の道路上にて、トヨタ・アルファード(Toyota ALPHARD)/ヴェルファイア(Vellfire)を停車させてインスタ映えを狙った悪質な写真が投稿され話題に。


高速道路上での悪質停車だけでなく、様々な違反行為も見られる

こちらが、インスタグラムユーザー:yosifumi(ID:@vell30_acc)によって投稿された辰巳PA入り口前の首都高速道路上に悪質停車されたアルファード/ヴェルファイア。

アルファードにはフロントナンバープレート隠しが装着されていますが、これは公道にて使用すると違法になるので注意が必要で(私有地内での撮影なら特に問題なし)、見方によってはナンバープレートを装着せずに走行している?と勘違いを引き起こす恐れもあるため、今回のインスタ映えを狙った写真は様々な点において違法だらけ。

後続にいるヴェルファイアも同様で、公道上にてヘッドライトを消灯し停車させているため(ハザード無し)、いつ追突被害が起きてもおかしくは無さそう。

こちらはヴェルファイア単体での撮影でしょうか。

辰巳PA入り口の分岐点ではあるものの、この写真でもヘッドライトやテールランプも消えているため、後続から追突される危険性も非常に高くなります。

確かにこうした特別なスポットでの撮影に憧れはあるものの、そういった映えよりもトラブルや命の危険にさらされることは最も避けたいですし、何よりもすぐに拡散されやすいSNSにてこういった画像を投稿すること自体理解し難い部分があります。

公道上での悪質な撮影行為・投稿が続いてしまうと、PAの閉鎖も早くなることもありますし、何の罪もない方々が利用できなくなってしまうことを考えると、こうした迷惑行為は止めてほしいところです。

過去に投稿された首都高トンネル内でのインスタ映えや、20台近くの改造車たちが公道を封鎖する悪質な撮影などは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう