フルモデルチェンジ版・メルセデスベンツ新型Cクラス(W206型)が2021年2月23日の午後10時にデビュー!ステーションワゴンも同時公開か?

新型Cクラスの見た目は「ベイビーSクラス」

ちなみにこちらが、発表直前に完全リークされた新型Cクラス・セダン(W206)のエクステリア。

新型Aクラス/Eクラス/CLAクラスと同じ方向性のデザイン言語を採用しつつ、イメージとしてはベイビーSクラスが最も近い印象。

プラットフォームも電動化の採用を見据えた上でのMRA(モジュラー・リヤ・アーキテクチャー)を搭載し、スチール&アルミニウム構造により高剛性且つ車体重量の軽量化にも貢献。

ハイブリッド化による排ガス規制のクリアはもちろんのこと、電動化特有の強力なアシスト力を持って、直6/V8エンジンを凌駕できるだけのスペックを持つことも期待されているため、今後こういった組み合わせが主流になってくるのだと思われます(V12/V8はもちろん、直6は淘汰されていく?)。


内装は新型Sクラス風というよりも、シンプル&ダイナミックなテスラ風

インテリアも再度チェックしていくと、第2世代MBUXに対応できるよう再設計が施されている一方、センター大型ディスプレイは新型Sクラスと同じレイアウトながらも、今後はテスラのような近未来的で先進的、更にはシンプルなディスプレイが採用されるのだと思われます。

競合モデルには、BMW新型3シリーズやアウディ新型A4、レクサス新型ISが対象となりますが、間違いなく先進性においては新型Cクラスの方が頭一つ突き出ているのではないかと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CocheSpias(@cochespias)がシェアした投稿

☆★☆メルセデスベンツ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう