(2021年)マツダ新型NDロードスター(MX-5)に新グレード・スポーツベンチャーエディション登場!2014年モデルに敬意を表した限定160台の貴重な一台

イギリス市場限定で僅か160台のみ販売へ

イギリス市場にて販売されているマツダの2ドアオープンモデルとなるNDロードスター(Mazda MX-5 Miata)ですが、このモデルに新グレード&特別仕様車となるスポーツベンチャー・エディション(Sport Venture Edition)が新しく追加されました。

このスポーツベンチャー・エディションは、過去にマツダが2014年モデルのNCロードスターをベースにしたベンチャー・エディションに敬意を表するモデルで、厳密には”ベンチャー・エディション”を復活させたということになり、販売台数もイギリス市場限定160台のみとかなり少な目となります。


英国紳士を意識した激渋仕様のNDロードスター

早速新型NDロードスター”スポーツベンチャー・エディション”をチェックしていきましょう。

内外装デザインに大きな変更はないモノの、特別仕様車ならではとなるディープクリスタルブルーかポリメタルグレーメタリックの何れかからボディカラーを選び、グレーのファブリックルーフに限定されたイギリスの街並みにあった激渋仕様。

サイドビューはこんな感じ。

光りの差し加減や見る角度によってはブラックっぽくも見えるディープクリスタルブルーですが、こうして見るとグレーのソフトトップルーフとの相性も抜群。

足もとには16インチアルミホイールを標準装備し、締結方法はもちろん4穴ボルトタイプ。

ブレーキキャリパは基本的に塗装されず素地のままとなります。

そしてこちらが特別仕様車専用のグレーカラーに設定されたソフトトップルーフ。

あとはサイドミラーキャップもシルバーアクセントに変更され、より特別感が加味されています。

リヤエンドから見るとスポーツベンチャー・エディションのフォルムは美しく、マフラーは片側2本出しと非常にスポーティ。

内装も豪華でオシャレな組み合わせに

インテリアはこんな感じ。

本革巻きステアリングホイールやライトストーンのナッパーレザーを標準装備するなど、スポーティで紳士的なエクステリアにマッチした内装に。

この他にも、シートヒーターやDABデジタルラジオ、自動防眩バックミラー、キーレスエントリー、レインセンシングといった装備も充実。

パワートレインは、排気量1.5L 直列4気筒SKYACTIV-Gエンジンを搭載し、最高出力132psを発揮、トランスミッションは6速MTを搭載します。

最後に気になるNDロードスター”スポーツベンチャー・エディション”の価格帯は約416万円(27,615ポンド)とお高めですが、イギリス市場限定160台のみという希少性を考えると妥当な金額なのかもしれません。

☆★☆マツダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう