2022年モデル・アウディ新型Q4 e-Tron/Sportbackが世界初公開!VW新型ID.4ベースのピュアEVクロスオーバーで、AR技術を用いたヘッドアップディスプレイも搭載

よりクーペライクで高級感も加味された新型Q4 e-Tronが世界初公開!

今後更なるピュアEV(電気自動車)モデルの拡大が加速するであろうアウディのe-Tronシリーズですが、2021年4月15日に新世代クーペクロスオーバーとなる新型Q4 e-Tron/Q4 e-Tron Sportbackが世界初公開されました。

2021年末頃に北米市場を中心に発売予定となっている新型Q4 e-Tronですが、既にフォルクスワーゲンが発表している新型ID.4にも搭載のMEB EVプラットフォームを流用した上級仕様といったところ。

一体どのような内外装デザインに仕上げられたのか?早速チェックしていきましょう。


EV特有のクリーンなフロントマスクではなく、敢えてアグレッシブでスポーティに

こちらが今回世界初公開された新型Q4 e-Tron。

アウディ特有のシングルフレームグリル風に加え、スタイリッシュで釣り目タイプのフロントLEDヘッドライトはe-Tron独自のデザイン言語といったところでしょうか。

そして新型Q4 e-Tron/Q4 e-Tron Sportbackに関しては、いずれも共通のモーターを搭載し、北米市場を中心に77kWhのバッテリーシステム(490万円未満)、欧州市場は更にリーズナブルな52kWhのバッテリーシステムを搭載します。

もう少し間近で見てみましょう。

既存のガソリン/ハイブリッドモデルのようなQシリーズとは異なるデザイン言語で、電気自動車特有のシャープで丸みを帯びたスタイルが印象的。

特に極力プレスラインを与えないフラットなボディパネルや、高い位置でのウェストライン、ローレーキのフロントガラスなどはQ3には見られない新たなポイントではないかと思います。

Sportback(スポーツバック)はより特殊なスポーツクーペSUVに

一方でスポーティグレードのSportbackを見ていくと、更に伸びやかなプロポーションで、独特な形状を持つトランクスポイラーを持つことによりスポーツクーペクロスオーバーを演出。

あとはギミック要素としてマトリクスLEDヘッドライトなどを搭載するなど、この点はA7などの上級モデルにて採用される機能をe-Tronに標準的に設定してきたことは流石だと思います(北米ではかなり人気が高い模様)。

新型Q4 e-Tronのボディサイズやスペック、更にはインテリアデザインなどは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう