フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼル(量産仕様)の実車インプレッション!e:HEV Z以上の電動テールゲートの開度が調整可能に【動画有】

続々と量産仕様の新型ヴェゼルがディーラーに入庫しているようだ

2021年4月23日に発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、一部のディーラーでは試乗車・展示車といった量産仕様が続々と入庫しているそうで、数多くの方がSNSなどで内外装デザインの画像を投稿しています。

そして今回、YouTubeでも新型ヴェゼルe:HEV Z(量産仕様)の内外装インプレッション動画が公開されているので、早速ご紹介していきたいと思います。

ちなみに今回のインプレッション動画を公開しているのはyackun23チャンネルで、過去にキャラバンデモカーの展示車両動画をご紹介させて頂いたチャンネルになります(いつもありがとうございます。)。

▽▼▽関連記事▽▼▽


入庫車両は上位グレードのe:HEV Z

早速新型ヴェゼルのエクステリアからチェックしていきましょう。

グレードはe:HEV Zで、ボディカラーは見た感じプラチナホワイトパール。

他の車種でも同様ですが、新型ヴェゼルの人気カラーでもあります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

続いてはフロンフォグランプ周り。

五眼タイプのLEDフォグランプは、現在生産・販売終了で大きく話題になっている新型オデッセイ(New Odyssey)と同じハウジングで、恐らく流用パーツではないかと予想。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そしてe:HEV Z専用のフォグランプガーニッシュに加え、艶有りブラックのスポイラーを採用することで高級感とボディカラーとのメリハリを演出しています。

エアインテークは貫通式で整流対策もバッチリ

フロントのホイールハウス内を見ていくと、フロントエアインテークから空気を流し込み、整流対策を行う貫通穴も開いているのが確認できます。

18インチタイヤは量産仕様でもミシュラン製

そして最も気になっていた量産仕様の18インチタイヤグレードですが、プロトタイプ同様にミシュラン製プライマシー4(Michelin Primacy 4)を装着しています。

サイドスカート周りも見ていくと、e:HEV Z/e:HEV PLaYは無塗装ブラックから艶有りブラックへとアップグレードし、サイドスカートパーツもサイドステップに装着されるのではなく、サイドドアパネルに装着されます。

これは乗降り時のアクセス性を向上させるものと、更には乗降り時のサイドスカートの傷付きを防止するためと云われています。

電動テールゲートの開度を調整することが出来る?そのやり方とは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!