こんなことが日本で起きてるとは…茨城県にてフォルクスワーゲン・ビートルが当て逃げ→ドラレコに証拠映像が残っているも相手の保険会社は「知らない」と突っぱねる【動画有】

ケガ人がいなかったことは奇跡!首都高速道路にて5台の玉突き事故が発生

続いては、2021年7月29日の午前6時50分頃、首都高速道路湾岸線の東京港トンネルの手前にて、中型トラックが渋滞の車列に追突し、この事故で5台が絡む大事故となりました。

上の画像にもある通り、恐らくトラックによる衝突は相当なものだったと思われ、トヨタ・プロボックスが横転するほどではありましたが、幸いにしてケガ人はいなかったそうです。


明日は我が身、自分だけがしっかりと意識した運転をしても、周りが意識しなければ事故は永遠に無くならない

そしてこちらは、トラックの衝突でリヤエンドが思いっきり変形してしまったオレンジカラーの日産ノート。

ノートには後席に人を乗せていたのかどうかはわからないものの、これだけの変形量ですから、仮に後席に人を乗せていたら大変なことになっていたかもしれませんね。

なお今回の事故により、中型トラックを運転していた30代の男性は「前をよく見ておらず、渋滞に気づくのが遅くなってしまった」と説明していますが、前方不注意が事故の原因とみて調べている一方で、30代男性をどうするかについては明らかにしていません。

【首都高で5台の玉突き事故 トラックが渋滞の列に…】

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆