これ本当?カーメディア「新型5ドア版ジムニーは2023年5月に発売!」「新型スイフトスポーツが2023年春頃にデビュー」「新型アルトワークスが2022年10月にデビュー」

引き続きベストカーさんが報道する「2022年以降デビュー予定のスズキ新型車」をチェックしていこう

②:新型スイフトスポーツ

via:Spyder7

続いては、こちらも以前から度々噂されているフルモデルチェンジ版・スズキ新型スイフトスポーツ(Suzuki New Swift Sport)。

こちらもスズキディーラーでは具体的な話は出ていないものの、どうやらベストカーさんの報道によれば、2023年春頃にデビュー計画が進められているとのことで、パワートレインもよりパワーアップしたマイルドハイブリッドシステムが設定されるとのこと。

具体的には、排気量1.4Lターボエンジン+48Vマイルドハイブリッドを採用し、ターボの圧縮比や電動吸気VVTなども改良することで、アクセルレスポンスや立ち上がりのトルクフルな加速を提供するとのこと。

まずは次期スイフトのエンジンとトランスミッションが変更されるのかがキーポイント

これに加え、プラットフォームも現行モデル同様にハーテクト(HEARTECT)の改良版を採用し、ボディ剛性の向上と軽量化を図ることにより、トータルパフォーマンスを大幅に高めるとのことですが、現行モデルからどれだけ大きく変化するのか注目したいところです。

そしてトランスミッションにおいても、6速MT/6速ATの両方がラインナップされるとのことですが、2021年12月22日に発売されるフルモデルチェンジ版・新型アルトも、エネチャージ搭載モデルとマイルドハイブリッドモデルの2種類がラインナップされ、何れもCVTのみのラインナップであることが確定しています。

この流れを次期スイフトでも汲む場合、果たして次期スイフトスポーツだけCVTではなくAT/MTモデルを設定するのか?という疑問もあるため、この点はスズキが開発を進めるだけの体力があるのかどうか?本当に市販化されるのかどうか?というところにもつながるため、まずはスズキの公式発表を待ちたいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


③:新型アルトワークス

via:CARTUNE

そして最後が、フルモデルチェンジ版・新型アルトワークスについて。

既に2021年12月10日に発表/同月22日に発売されることが決定している新型アルトですが、このモデルをベースに2022年10月に新型アルトワークスが遅れてデビューするとのこと。

パワートレインは、ハスラー等に採用されるRD06型をベースにしたターボエンジンとのことで、独自チューニング並びに軽規格ギリギリのパフォーマンスを得る軽スポーツハッチとして市販化されるそうです。

新型アルトはCVTのみのラインナップになるが?

ただ、先述の新型スイフトスポーツでも説明した通り、新型アルトのエンジンがエネチャージタイプとマイルドハイブリッドタイプの2種類にて構成され、トランスミッションもCVTのみになるため、果たして新型アルトワークスに現行同様のMT仕様が登場するのか?という疑問も。

もちろん、新型アルトワークス専用のエンジンとトランスミッションを搭載したモデルには期待したいところですが、そうなると開発コストも相当に跳ね上がるでしょうし、新型アルト以上に台数が出るモデルでもないため、スズキとしては極力”売れる策”を取りたいと考えているはず。

何れにしても、2022年10月まではまだまだ時間もあるため、今後のスズキの動向に注目したいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Referenc:Bestcar