【カスタム】フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ヴォクシーにインテリアイルミネーションを付けてみた!「カタログ画像よりもかなり暗め」「イルミ装着後にちょっとした不具合も」

2022-07-06

引き続き、インテリアイルミネーションを装着したトヨタ新型ヴォクシーの車内をチェックしていこう

そしてここからが、トヨタ新型ヴォクシーの2列目シート足とものイルミネーション。

フロントシートアンダー部分に後席用のイルミエーションランプが装備されるため、フロントシートのスライド位置によって照射範囲が異なるのは致し方ないところ。

シートをある程度後方までスライドすれば、2列目足もとも多少は明るくなるものの、上の画像ほど実際は明るくないのが正直なところ(この点は画像と実物で異なるのはあるある)。

こちらが助手席側の2列目あの足もと。

さすがにユニバーサルステップまでは照射しないものの、サイドステップにほんの少しだけイルミネーションが照射していますが、子供でも夜間時に安心して乗降りできるかは微妙なところ(この点は近々インプレッションしたいと思います)。

ちなみに後席に乗り込んでの足元の明るさはこんな感じ(エンジン始動もせずの停車状態でMAXの明るさ)。

助手席側のシートを後方までスライドしてもこの明るさなので、「思った以上に暗いな…」というのが正直な感想。

工賃込みで30,000円だが、その価値はアリ?ナシ?

改めてこちらが、新型ヴォクシーのアクセサリーカタログに掲載されている画像になりますが、こうして見比べてみると全くの別物。

参考のため、このオプションの本体価格は16,500円(税込み)で、工賃込みだと30,000円(税込み)になるわけですが、3万円を支払う価値があるかどうか問われると難しいところ。

ちょっとしたムーディ作りのためのイルミネーションであれば装備する価値はあると思いますが、私の当初の目的で考えると「つけなくても良かったかも…」とも考えています。


インテリアイルミネーションを装着してからのちょっとした不具合も

なお、これも後日ブログ&動画にて紹介できればと思いますが、インテリアイルミネーションを装着した後から、以下のような症状が発生しているため、もしかするとイルミネーション用の信号が悪さしている可能性も考えられるかもしれません。

◇エンジン始動→停止→車をロックする→「ピピピピ…」と8回音が鳴る

◇エンジン停止状態で解錠→ロックする→「ピッ」と1回でおさまることもあれば、「ピピピピ…」と8回音が鳴るときもある

なお警告音の「ピピピ…」となる条件としては、リヤシートリマインダー機能が作動している可能性があり、後席に荷物などを載せている状態で「取り忘れ」、もしくは「後席に小さい子供などが乗った」状態でカギを閉めてしまった際の警告音として鳴るようです。

もちろん、後席に荷物の置き忘れがなくとも、インテリアイルミネーションを装備してからは、エンジン始動→停止後にほぼ毎回8回音が鳴っているので、「さすがに毎回鳴るのは嫌だな…」と思う所ですし、トヨタディーラー側も不具合の可能性があるとしてメーカーに問い合わせているそうです(詳細や対策などが明確になりましたら、後日ブログにてご紹介できればと思います)。

新型ノア/ヴォクシー関連記事