遂に来た!マツダのロータリーエンジン&PHEVを採用した新型MX-30 e-SKYACTIV R-EVが2023年1月13日に世界初公開!日産e-POWERのような発電用エンジンに

2023-01-14

2012年にロータリーの生産が終了して約11年ぶりの復活!マツダの新たなる挑戦が始まる

マツダは2023年1月13日、既存モデルとなるコンパクトSUVの新型MX-30をベースに、新世代ロータリーエンジン+プラグインハイブリッド(PHEV)を採用した新型MX-30 e-SKYACTIV R-EVを、ベルギー・ブリュッセルモーターショー2023にて世界初公開しました。

2012年にRX-8スピリットRスペシャルエディションで生産を終了したロータリーエンジンですが、今回MX-30の新グレードとして復活し、しかもロータリーエンジンの駆動力を活かしたハイブリッドモデルではなく、日産のシリーズハイブリッドe-POWERシステム同様に、エンジンを発電機用として活用 → モーター駆動することで航続可能距離を伸ばしていくレンジエクステンダーシステムを採用しています。
※レンジエクステンダー(Range Extender)=航続可能距離を延ばす

ちなみにこのPHEVモデルでは、バッテリーをフル充電した状態でのEVのみでの航続可能距離が85kmで、ロータリーエンジンによる発電でのハイブリッド航続可能距離だと600kmに到達するため、過去の「ロータリー=燃費が悪い」というイメージを払拭する一台になりそうです。


見た目での変化は分かりづらいが、ところどころに専用パーツを採用した新型MX-30 e-SKYACTIV R-EV

こちらが今回世界初公開された、ロータリーエンジンを搭載するプラグインハイブリッドモデルの新型MX-30 e-SKYACTIV R-EV。

見た目では、既存グレードのマイルドハイブリッドモデルもしくはピュアEVモデルのようにも見えますが、R-EVグレード特有の専用パーツを採用しています。

上の画像のように、フロントフェンダー付近にロータリーエンジンの形状をモチーフにしつつ、三角形の中心には”e”のロゴが表記されているのが確認できますね。

そしてリヤエンドにも、”e-SKYACTIV R-EV”の専用ロゴバッジも貼付。

分かる人にもわかる専用ロゴですが、パッと見では他グレードとの差別化がちょっと難しいのは「惜しいな…」と思う所。

発電用ロータリーエンジンやPHEVのスペックは?

やはり一番気になるのはパワートレインやスペック。

パワートレインは、排気量830cc 直噴ガソリンのロータリーエンジンを搭載し、11.9:1の高圧縮比で、エンジン出力75hp/4,700rpm、エンジントルク116Nm/4,000rpmを発揮。

ここに電動モーターによる駆動力が加味されると、システム出力170ps/システムトルク260Nmを発揮することになりますが、スポーツカーのような刺激的なパフォーマンスを提供するわけではなく、レンジエクステンダーに主眼を置いている印象を受けます。

発電中のロータリーエンジンはどのようなサウンドなのかも気になる

上記にもある通り、マツダのロータリーエンジンは、あくまでも発電機用として駆動するため、エンジンとはモーターを組み合わせたハイブリッドシステムではないため、アクセルを踏み込んだときのロータリー特有の官能的なサウンドを堪能することができないのは残念に思う所。

ちなみにプラグインハイブリッド用のバッテリーは、17.8kWhのリチウムイオンバッテリーをアンダーボディに取付け、リアアクスルの手前に50Lの燃料タンクを搭載。

通勤などの普段使いとしては、ほとんどガソリンを使用しない十分な一台

プラグインハイブリッド(PHEV)の大きな特徴でもある、バッテリーフル充電後のピュアEV走行ですが、こちらも先述の通り85km走行可能のため、例えば片道30km程度の通勤距離であれば、ガソリンを消費することなく走らせることが可能に(この点はPHEVの魅力的なところ)。

そして、11kWのウォールボックスからフル充電するためには約1時間40分ほどかかるそうで、DC接続(36kW)であれば、20%→80%充電するのに25分で完了とのこと。

まさかマツダの資産でもあるロータリーエンジンが、エコを重視したモデルとして活用されるとは予想もしていませんでしたが、EVスペックだけを見るとトヨタRAV4 PHEVや三菱アウトランダーPHEVにも十分対抗できる内容だと思います。

2ページ目:ロータリーエンジン×PHEVでの加速性能は?価格帯はどれぐらいになる?